森とまちをつなぐ「半農半X」日記

過密な「まち」から過疎の村に不時着し、そのまま住み込んでしまった、たそがれ武兵衛と好女・皇女!?和宮様とのあたふた日記

空から土から畑にやってきた

2017-07-29 19:43:07 | 生き物
 無農薬のわが畑にはカメムシがしっかり常駐している。
 ときどき珍しいカメムシもやってくる。
 ふつうのカメムシは野菜の汁を吸っているが、「アカサシガメ」は、小さな昆虫の体液を吸う肉食性のカメムシだ。
 体色は赤というより褐色に近い。

                              
 縄張りらしき中をゆったり舞う「イチモンジチョウ」を発見。
 スイカズラが食草というが、たしかに畑の周りにはスイカズラが少なくない。
 翅の裏側は意外に派手でもある。

    
 土中から出てきたばかりなのだろうか、じっとして動かない「ニイニイゼミ」がいた。
 90年代から2000年にかけて都市では激減したそうだが、最近はやや復活の傾向にあるという。
 温暖化の影響で乾燥に弱いと言われているが、最近は耐性ができてきたので都会でも増えてきつつあるという。

                             
 畑を耕していると、ときどき出てくる「コメツキムシ」の幼虫。
 甲虫らしい幼虫はすでに身をヨロイで固めている。
 成虫を裏側にして飛び跳ねる遊びを何回もやってたね。
 野菜の根を食べる害虫でもある。

 天気が不安定なきょう、けっきょくうだうだ家に閉じこもった日になってしまった。
 今週ずっとこんな天気らしい。   
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鉄砲伝来は倭寇だった!? | トップ | 今年初めてのタマゴタケ・チ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

生き物」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。