わくわく体験記

木村先生から学んで

6,17~18:松本レポート(卓ちゃん)

2017年06月19日 | 祈りの会便り
快晴の松本市時計博物館の本町ホールに、全国から46名の祈り人が集い、17~18日の2日間に亘り、祈の会が行われました。


5月17日(土)
松本に車で向かう途中、北アルプスの山々が光輝いて見えて、
野田さんは、先生が長野に引っ越されて、長野の波動がグーンと上がりました。
と、驚かれていました。



祈り会の前に、野田さんと新緑が鮮やかな松本護国神社を参拝。
鳥居の松の木が、光輝き、とても歓迎されてくれているご様子でした。


松本市内は、全国花いっぱい大会で、街中にお花がいっぱい!
花の精霊さんたちも、私たちのお祈りを喜んでいるようでした。
先生ご夫妻も地元長野の皆さんも、新しい生活が始まるわくわく感がいっぱいの楽しい会になりました。


先生の話
毎朝、お祈りをして、白龍たちも協力して、地下シャンバラと繋ぐ仕事をしている。
私たちには、3次元と5次元にを繋ぐ通り道をつくる役割があります。
自分の意志と信念があれば、どんな事もやり遂げられる!
宇宙に出て行く時代が始まった。ラビリンスを造って宇宙人と交流したい。

野田さんのお話
先生が新天地に引っ越されて、第1回の祈の会、もの凄い光でした。
先生が神々に呼ばれて、この地に来られた事がよくわかるお祈りでした。
緑色の着物の金色の冠の美しい観音様が白龍に乗って現われた。
先生の新しいお住まいの所からも、白いクリスタルの光が放たれ、
これから地球を照らす本当のお仕事をなさらるのだと見せていただきました。
護国神社の赤松の精霊が交流してきて、
宇宙と一体化した静かな喜びのエネルギーが貫通していました。
たくさんの木や草花の精霊との大合唱となりました。
綺麗なクリスタルの都市が浮上し、
白龍の光が、神々しい光でドキドキしました。


バシャールのテキスト学習は、
「自分軸の世界」「輝き」「タウ・セチ文明」

「自分軸の世界」は、集合意識が、「楽しんでいいんだ」と、わくわくに変化している。
どの環境でも自分の意識を変えた瞬間に、シンクロ起して、簡単にやり遂げることができるようになった。

「輝き」は、4次元密度に向かうとき、余分なものを手放していかないと生きれない時代になった。
「今ここ」にいて、「素の自分」で突き進んで行ければ、2020年の終わりには、全く異なる世界に降り立っている。前進スピードは上昇し、貴方の輝きは、見たことのない輝きを発するようになる。

「タウ・セチ文明」は、クジラ座のタウ星からきたタウ・セチ文明は、1950年頃から夢の中で活動している。
松の木に触ったり、瞑想すると、彼等と交流がスムーズになる。

5月18日(日)
松本2日目の祈りの会は、38名の祈り人が集いました。

先生のお話
太平洋の真ん中でお祈りをした。セドナと富士山を虹のレイラインで繋ぎ光を送った。
地球の多くの次元に宇宙船が来て、大宇宙から注目されている。
宇宙人は、「みんな光の友達。波動の高い低いに関係なく、光で上がって来たときにコンタクトする。」
と、言っている。

鬼塚さんのお話
すべてが詰まっている真空の空の中に連れて行かれてのお祈りでした。
五井先生と植芝先生が参加されて、
宇宙の扉が開く感覚で、「私は宇宙である。」という感覚のものすごい高い世界のお祈りになりました。

バシャールのテキスト学習は、「自分の手で」と「座りの良い場所」
「自分の手で」は、あなたが望みさえすれば、自分が納得するワクワクの世界に行ける。
「座りの良い場所」は、自分の波動の座りのよい場所に引っ張られる。
これからは、ポジティブ、ネガティブ両方出てくる。

質問コーナー

Q1.手術の後遺症で、左目がよく見えないKさん
A1.右目が見える事に深く感謝すること。それができたら、もう一歩進めて、悪い左目にも感謝すること。
左目は、何を教えてくれるのだろうと感謝すれば分かります。
分かると卒業です。現実に苦しい事、辛い事は、分かると卒業で、症状が消えていきます。
分からない間は、症状が繰り返されます。
3次元に来るとき、目の病気を通して何を学ぶか決めて来ている。それをしっかり謙虚に見つめる事。

Q2.最近、体の痛みの個所が増えて困っているHさん
A2.病気にさいなまれる波動を認め、病気は必要がないことを認識すること。
「○○だけれど」「できない」「だめだ」などのマイナスの言葉を少なくすること。
わくわく楽しめる事に焦点を当て、「病気を抱えてもできる」と決めること。

Q3.私達もマヤ文明のように3次元から消えるのか(鬼塚)
A3.現在、5次元に移る途中過程で、辛うじて3次元と接している状態。
接点が薄れれば、3次元から消える。

Q4.星と人間の関係について(ダリル)
A4宇宙の意識と人間の意識は繋がっている。
金星にいた人は、金星の周波数で地球で生きている。
五井先生、木村先生、先生のお姉様は、金星系統。
星と人間は、深い魂の流れの関係。
プレアデスは、新たに2つの高次の星の意識が加わった。
バシャールの星と地球は、ハイブレリッド種で縁がある。
バシャールの勉強をするのは、深い縁があるからです。
シリウスとエササニと地球は、魂の流れがあって、連携してシフトしていく。

次の木村先生の会は、小田原です。
6/25(日) 13:30~17:00、 鴨宮のマロニエです。

浅草の開始時間が変更になりました。
7月16日(日)13:30~15:45
8月11日(金・祝),9月24日(日),10月14日(土)11:30~15:45

たくさんのご参加をお待ちしてます。
仙台 卓ちゃん

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 6,14:先生の新居、入口 | トップ | 6,25:小田原レポート(卓ちゃ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。