沈黙のフライバイ/野尻抱介

沈黙のフライバイ
野尻 抱介
4150308799

天候判断は四捨五入でGO。
その他の判断も全部GO。
したがって出発はGO!


僕が持っている野尻抱介さんのイメージというと、ズバリ「地に足の着いたSF作家」という感じになりますね。宇宙に飛んで行く話ばかり書いている人に対して、「地に足の着いた」ってのも妙な表現になってしまいますが、本当にそうだから仕方がありません。現実の宇宙開発技術についての深い知識をもとに、近い将来あってもおかしくない、そんな遠くて近い未来を描き出して見せる…そんな野尻さんの初期SF短編集が本書「沈黙のフライバイ」。「太陽の簒奪者」のようなガチガチのハードSFと、「ロケットガール」のようなライトなハードSF(どっちにしてもハードには違いないのです)のちょうど中間の、ほどよいスタンスで書かれた作品が5編収録されています。

表題作「沈黙のフライバイ」は、異星人とのファーストコンタクト・テーマの作品。地球から宇宙へメッセージを送る新しいCETI計画を研究していた技術者が、全く同じアイデアで送られてきた異星からのメッセージを発見する…というお話です。広大な宇宙で生きていた二つの知性がつかの間出会い、そしてすれ違う。決定的な瞬簡が通り過ぎたあとの虚脱感から、再び世界が一気に広がっていくような鮮やかなエンディングが見事です。

「轍の先にあるもの」は、リアリティには定評のある野尻作品のなかでも特別な、まるで現実と地続きのような不思議な感覚の1編です。なにしろ、野尻さん自身と思われるSF作家が語り手なのですから。物語は、作家と仲間たちが、ネット上のSFフォーラムで、小惑星へ着陸した探査機からの映像を見守っているシーンから始まります。その画像で見た不思議な曲線模様に興味を引かれた作家は、画像の乱れで途切れてしまった模様の先に何があるのか、そのことに取り付かれてしまう。そして初老の年齢に達した頃、ついに作家は自ら小惑星に降り立つのでした…。何十年、何百年、それ以上もただそこに存在しつづける宇宙の世界、そしてそこに近づかんとする老作家の思いを描く名作です。

トリを飾る「大風呂敷と蜘蛛の糸」は、「ロケットガール」を思わせる元気な作品。女子大生のちょっとしたアイデアが、大気圏外まで人間を飛ばす有人飛行の実現につながるというアイデアが秀逸。そして空へと飛ぶのは、もちろんヒロインの榎木紗絵嬢。たった一人で高度50キロを目指す大冒険の結末は?

他の2編も含めて、未知の世界を目指したいという人類の根源的な欲求を、素直に描いてみせた、これぞSFという短編集でした。野尻ファンでなくとも楽しめることうけあい、傑作です!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 2 )
« 行動+感情=言葉 ドラえもん の... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
異星の探査機と同じ発想。 沈黙のフライバイ (ねじ巻き式低気圧)
間が空きました。「SFが好きなんですーv」と仰るお嬢さんに「どんな作品が好きなの?」と食いついたら「銀河英雄伝説とか♪」と返されて失意体前屈からしばらく立ち直れなかったsuzuです(笑 アレはSFじゃねぇええー!w そんな訳で読んだのは野尻抱介のハードSF短編集...
 
 
 
コンタクト(Contact)は1997年のアメリカ映画。カール・セーガンによるSF小説の映画化作品。 (『コンタクト』最近の人気SF映画と科学者カール・セーガン)
地球外生命体の存在を信じていた女性天文学者が未知なる世界への旅に出て、地球外の知的生命体と接触した姿を描くSF超大作です。 主演ジョディー・フォスター