アリアンロッド・サガ(1) ルーズ・ソードマスター/矢野俊策・F.E.A.R.

アリアンロッド・サガ(1) ルーズ・ソードマスター (富士見ファンタジア文庫)
F.E.A.R.
4829133651
俺は必ず約束を守る。―知ってるだろ?

3本のリプレイシリーズと1本の小説シリーズからなるアリアンロッド・サガ最後のピース。小説版アリアンロッド・サガです。

主人公は、3本のリプレイのうち無印シリーズのPC、若き双剣の使い手アル・イーズデイル。剣聖と呼ばれた偉大な剣士の弟子でしたが、師の裏切りにあい大怪我を負い、しかし未だ師を信じて腕を磨き続ける生真面目な若者。「約束」に強いこだわりを持っており、あらゆる約束は必ず守られなければならない、という信念を持つ…と、いかにも中二的な設定ですが、元がTRPGのキャラクターなので。ちなみに執筆するのは矢野俊策さん、リプレイではアルのプレイヤーでもあります。なお、同時に発売されたブレイクシリーズのPC、ナーシアも登場していますよ。

白竜王国の密偵ナーシアに依頼されて、謀反の疑いのある有力貴族ヘルムート伯の屋敷への潜入ミッションを行うことになったアル。しかし警備兵に発見されてつかまってしまう。頼みの綱のナーシアも撤退し、孤立無援となったアルに助けの手を差し伸べたのは、セルマという不思議な少女だった。…というオープニングで始まり、ヘルムート伯の部下からの逃亡劇の果て、思わぬ事実が明らかに、という展開。

矢野さんは小説を発表するのはこれが始めてとのことですが、数多くのリプレイで磨いた文章力のおかげか無難にこなしていると思いました。GMはストーリーテリングやキャラクターを立たせるスキルを磨くにはうってつけなのではないでしょうか。ストーリーもシンプルながら山あり谷あり、燃えるシーンあれば泣けるシーンも驚けるシーンもあって面白かったです。クライマックスのあたりが、あまりにも「いつものF.E.A.R.シナリオ」なお約束だったのはご愛嬌でしょう。

さて、どうやらストーリーはまだ続くようです。時系列的には無印およびブレイクの直前あたりになるらしいこのシリーズ、逆に小説版のキャラクターがリプレイに登場、なんてこともあるでしょうし、ブレイクにも顔を出した謎の組織バルムンクが敵役になりそうなのも見所です。とりあえず、リプレイに登場しているキャラクターは絶対に死なないはずなので、安心して読めるのもありがたいです(笑)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 何かに似ている アリアンロッ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。