カワイイがお仕事☆母屋

可愛いだけでちっとも役に立たない毛モノ達との
なんでもないけどほっこりの日々

切替失敗

2016年12月07日 | 日記

以前から、なんとなぁく引っ掛かっていたことがあった

 

誰かがご飯を催促してお皿にカリカリを入れてやると、もれなくママがすっ飛んで来る・・・

3歳と8ヶ月、まだもうちょっと食べ盛りでもいいような

でも、普段の振る舞いを見てると、他の子より食い意地が張ってるような

 

寧々はちょい食べタイプ

 

ポポはたまにがっついてゲロリンチョの時もあるけれど、食には興味のうすい方

 

茶々は「茶々のどれ?」してもらえるのが嬉しくて、気を引くためにご飯スペースに私を誘うけれど、4種類の粒がミックスになったカリカリから選り好みするんで、食べてるようで食べてなかったりする

そもそも、かまってもらうのが目的なので大して食べたいわけじゃない

 

ママは純粋に食べることが大好きなんだろうか、そしてこのままでいいんだろうか

そんな考えが大きくなってきたので、体重からの給餌量をスケールで量ってタッパーに入れて、一匹ずつご飯を分けてみることにしました

 

朝は皆それなりに食べて、時々ママが「ごはん~」、そのまた時々に茶々が「(カリカリ)入れて~」と来たけれど、寧々とポポはお腹が減った素振りもみせない

逆に心配になって、「ちょっとはお食べ」とこちらからベッドに寝てる2匹のもとにカリカリを運ぶ始末(これでいいのか?)

 

試してみて、ママでさえ1/3余す結果に・・・

自分の分を食べきって、他の子のまで「ちょーだい。ちょーだい」ってことになるかと想像してたんだがな

いうほど皆食べとらんかったかぁ

 

というわけで、一日で小分け作戦おしまいっ

 

食いしん坊の子がいるでは出来ないけど、我が家では欲しい分だけ食べたら(それなりに)満足ってことでいいんだな

 

ラスカの小さい頃は、食が細くてなかなか体重が増えてくれなくて、いっぱい心配したけど、今じゃあ「(カリカリ)バリボリバリボリバリボリ」「(お水)ゴキュッゴキュッゴキュッ」(フ~満足)だもんね

ラスカもそのままでいいよ

 

『猫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブルンブルン | トップ | 茶々の掟 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む