温故知新~温新知故?

音楽ネタが多いだろうけど、ネタのキーワードは、古きを訪ねて新しきを知ると同時に新しきを訪ねて古きを知るも!!

PPAP〜ペン、パイナップル、アップル、ペン〜

2016-10-12 17:28:44 | その他
PPAP Song(Pen Pineapple Apple Pen) Original and Cover

上の動画、TVで知って、はまっている。なかなかいいね。2000万PV超えですね。アーヘンにいるのにこんなのブログで紹介するなんて不思議だけどね。
下のようなものまである。
PPAP - Pen Pineapple Apple Pen - Hồ Ngọc Hà Cover | PPAP SONG

遅ればせながら、日本でも話題になっているらしい。
ピコ太郎「PPAP」週間再生数世界一 日本人初快挙に「なんですかこれ。。」 | ORICON STYLE
千葉県出身のシンガー・ソングライターを自称するピコ太郎が世界を席巻している「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」の動画が、YouTubeの週間再生回数ランキング『ミュージック全世界トップ100』(集計期間9/30~10/6付)で世界一となった。同ランキングで日本人が1位を獲得するのは初という。

下にあるように、最近は何が爆発的にヒットするのかわからないですね。古坂大魔王は、ちょっと前タイタンライブに行った時、近くに熱狂的なファンがいるのを知って驚いた記憶がある。何がそんなに熱狂的になる要素があるのか私にはわからなかった。
ピコ太郎「PPAP」なぜ世界的に流行? 古坂大魔王のプロデュース力を探る | Real Sound|リアルサウンド
「PPAP」は、なぜこれほどまでに世界的に受け入れられたのか。2015年3月に自身のブログに『「ラッスンゴレライ」はどこが面白かったのか』を掲載し、当サイトでも過去にRADIO FISH「PERFECT HUMAN」がなぜ流行したのかを分析し話題を呼んだ音楽ジャーナリストの柴 那典氏は、ピコ太郎をプロデュースする古坂大魔王について次のように解説する。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アスリートファーストとか、... | トップ | ボブ・ディランがノーベル賞... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL