たけちゃん活動・生活日誌

日々県議としての活動に追われていますが、そのな生活でもたまには本音も言ってみたい・・・。

長野五輪から10年(4)

2008年02月09日 | Weblog

世界の舞台へ

 

 1988年6月1日、JOC総会において長野が日本の1998年冬季五輪競技大会立候補に選出されてからは、1989年10月12日に全国組織の「招致委員会」が設立され、1990都市2月12日にはIOCへの立候補届が提出され、こんどはオリンピック長野招致への本格的な招致活動がスタートしました。

 

 この場面での長野市議としての活動は、まず、IOC委員にも長野の五輪開催に対する熱意を盛り上げること、国内一本化へのJOC委員への働きかけの様には行きませんが、IOC委員が現地調査で長野を訪れる際の市民熱意のアピール、各種大会等が開催される場合のアピール等々でした。

 

 北京で開催されたアジア大会開会式にて

 


 しかし、私としては招致活動が世界の場に移った時、自分個人としては人脈がある訳でもなく、出来うることは議会の議連で決めた行事に参加するしかないと思っていました。

 

 そんな活動の中で、特に印象に残っているのは、1990年9月13日にIOC総会が東京で開催された時のホテルでのロビー外交や、同年9月20日~24日まで北京で開催されたアジア大会へ招致活動に行ったことです。
 特に、北京のアジア大会では韓国や中国のIOC委員との懇談が出来たことや、北京飯店前でのチラシ配布など行いました。
 こうした活動がどれだけ効果があったのかは疑問ですが、とにかく何かあれば、役割分担をしてブレザーに防止、ネクタイをして出かけて行くことが多くありました。

 

 北京・ホテル飯門店前での活動の様子

 

 そして、1991年6月15日(現地時間)、イギリスのバーミンガムで開催されたIOC総会において、5回目の投票でNAGANOが46票を獲得し、1998年のオリンピック冬季競技大会の開催地に決定した瞬間(日本時間午前3時28分)、私は善光寺の広場の前に設けられたテレビの大型画面の前で、サマランチ会長の「シィティー、オブ、ナガノ」の声を聞き、約3,500人の皆さんとバンザイをしていまた。

 

 この五輪大会招致決定後、同年11月11日に「財団法人長野オリンピック冬季競技大会組織委員会設立発起人会」(NAOC)が開催され、大会開催都市としての準備がスタートしました。

 

 実は、この年の9月22日には長野市議会議員選挙があり、私も3期目の当選をさせていただきました。


 そして、その後、私の地元朝陽地区や周辺に「開催概要計画書」により計画されていたエムウェーブやメディア村、アクアウイング、そして周辺道路整備等についての地権者対応や条件整備、大会開催後の地域の活性化対策、五輪関係施設が3つも存在する地域の議員として、受入体制等々について責任を負う立場になりました。
 また、市政全般についても大会開催や五輪施設整備、新幹線や関連道路整備、施設の後利用に対する財政負担問題等々について議会の様々な分野で係わるようになりました。

『長野県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長野五輪から10年(3) | トップ | 長野オリンピックから10年... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。