たけちゃん活動・生活日誌

日々県議としての活動に追われていますが、そのな生活でもたまには本音も言ってみたい・・・。

民進党代表選の結果についての社民党の談話

2016年09月15日 | 社民党

民進党代表選の結果について(談話)

    2016年9月15日  社会民主党幹事長 又市 征治

1.本日、民進党は発足して初めての代表選挙を行い、臨時党大会において新たな代表に蓮舫代表代行が就任することを決定した。「安心の好循環社会」、「希望を分かち合える社会」、「人への投資を大幅拡充」という3候補者の理念は大いに共感できるものであり、蓮舫新代表の下、アベ政治の暴走を止めるための共闘のリーダーシップを発揮し、「一人ひとりが大切にされ、安心して生活できる社会」、「平和な日本」を「強い決意を持って実現しなければならない」との民進党の原点の実現に向かって、国民とともに前進されることを願う。

2.先の参議院選挙では、32の1人区すべてで野党統一候補を擁立し共通したテーマを訴え、11議席を獲得したという大きな成果を収めたように、4野党の共闘及び市民との協力は、安倍一強体制に対抗するために有効であることは明らかである。また、この間の党首会談や4野党幹事長・書記局長会談では、衆議院総選挙についても「できる限りの協力」を行っていくことを合意し確認している。民進党の目指す「政権交代」を実現するためにも、「戦争法」反対運動以来の市民運動と政党の協力関係や衆議院総選挙における野党共闘の継承・発展が不可欠である。民進党が改めて市民に向き合い、社民党はじめ他の野党と手を携え、アベ政治の暴走に正面から対峙し、多くの国民の期待に応えるように希望するとともに、衆議院の小選挙区選挙でのすみ分けをはじめとする選挙協力の前進をはかりたい。

3.9月26日に召集される第192回臨時国会は、参議院選挙後初の本格的国会であり、第3次安倍第2次改造内閣の閣僚の所信や28兆円超の経済対策を実施するための補正予算案、消費税増税の再延期関連法案、継続となっているTPP協定承認案や労働基準法改悪法案などが大きな課題となる。「戦争法」に基づく自衛隊の任務拡大や防衛予算の増強、強行される辺野古新基地建設や高江ヘリパッド建設、原発再稼働などについてもただしていかなければならない。安倍政権が狙う明文改憲に向け、憲法審査会の議論も始まる。4野党は、参議院選挙に当たり、「共通政策」として、先の国会の安倍内閣不信任決議案に盛り込んだ内容や共同提案した15本の議員立法の実現について合意・確認するとともに、「市民連合」がまとめた政策要望に共同署名しており、これらの実現が求められている。野党第一党である民進党が引き続き院内の4野党・4会派の共闘強化のリーダーシップを発揮し、アベ政治の暴走を止めるための牽引車としての役割を果たすよう強く望む。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
日本ブログ村のランキングに参加しています。クリックしてご支援をお願いします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9月定例県議会が21日から... | トップ | 辺野古新基地建設に関する初... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。