竹とんぼ

先達の秀句を味わいながら
自得の一句を求めて多作多捨です
古希すぎの晩学で楽しみながらの遅々緩歩です

囀やアパートをいつ棲み捨てむ  波郷

2017年02月24日 | 波郷鑑賞
今回は石田波郷の春の句10句を鑑賞(2)

囀やアパートをいつ棲み捨てむ






春暁の睡たき顔を洗ふのみ

家近く帰り飯食へり春日落つ

早春や室内楽に枯木なほ

櫻餅闇のかなたの河明り

兄妹の相睦みけり彼岸過

神田より帰りて木あり楓の芽

初蝶やわが三十の袖袂

花吹雪ことしはげしや己が宿

木蓮や手紙無精のすこやかに
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バスを待ち大路の春をうたが... | トップ | がうがうと欅芽ぶけり風の中 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。