竹とんぼ

先達の秀句を味わいながら
自得の一句を求めて多作多捨です
古希すぎの晩学で楽しみながらの遅々緩歩です

冬銀河賞罰なしの無一物

2016年11月08日 | 
冬銀河賞罰なしの無一物




今日は七十二候の「山茶始開」(ツバキ咲始む)だそうだが
その感覚は現代には相応ないようだ

澄んだ夜空の星が美しい
何光年もかけて地球に届く光
来し方が一瞬であることに気づく
特に何をしたわけふぇもないが生きてきたという実感はある
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 裏壁やしがみつきたる貧乏雪 | トップ | 次の間の灯で膳につく寒さか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事