竹とんぼ

先達の秀句を味わいながら
自得の一句を求めて多作多捨です
古希すぎの晩学で楽しみながらの遅々緩歩です

春の夢犬と添ひ寝の浮浪人

2016年02月26日 | 
春の夢犬と添ひ寝の浮浪人




ここのところの寒気は真冬のようだ
三寒四温というが寒さの方が勢いがある
駅の近くに初老のホームレスがいる
犬が一緒に暮らしていて
寝ている時はお互いの体温を交換しているようだ
春の夢 犬も浮浪人も見ているのかもしれない
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 卒業を刻む手練れの肥後守 | トップ | 確と走り根残雪の奥ノ院 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事