竹とんぼ

先達の秀句を味わいながら
自得の一句を求めて多作多捨です
古希すぎの晩学で楽しみながらの遅々緩歩です

どこに美意識つづまりきわむ水着 丈士

2017年05月19日 | 
どこに美意識つづまりきわむ水着



もう女性の水着に美意識はない
水に入ると解けたり脱げたりするので水には入らないのだとか
水着で町を歩く女性もいるのだとか

これは治安の良い平和の証明だなどと云ったりする者もいるらしい
慎ましさ こんな日本語をしならく聞いたことは無い


軒つばめ空家と知るや知らざるや


私の家の南側の家が空家になってほぼ1年ほどになる
今年も燕がやってきて軒に巣作りをしている
空家とは知る由もないのだろう

鎌首を上げ田打機の大回り


田植えがどこも終わって一面の早苗田が広がっている
今の田植えはもな機械作業だ
方向転換の時は
大きく鎌首のような前方を持ち上げて旋回する
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水ぼたる吐息ほのかに点しけ... | トップ | 足利学校唱和の論語風薫る 丈士 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。