竹とんぼ

先達の秀句を味わいながら
自得の一句を求めて多作多捨です
古希すぎの晩学で楽しみながらの遅々緩歩です

首塚の由来は知れず犬ふぐり  丈士

2017年03月21日 | 
首塚の由来は知れず犬ふぐり



曝し首にされた時の権力者への反乱
平将門の伝説もあるが
名の知れぬ首塚は全国にある

弔う人も絶えてなくなっている
ただ小さな花をつける犬ふぐりが律儀に
毎年詣でているばかり
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天地に妻が薪割る春の暮 | トップ | 肋切りし日ははや遠し蝌蚪見... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。