竹とんぼ

先達の秀句を味わいながら
自得の一句を求めて多作多捨です
古希すぎの晩学で楽しみながらの遅々緩歩です

秋霖や百樹百花のみなねぶる

2016年09月18日 | 
秋霖や百樹百花のみなねぶる



秋雨のやわらかな空気がなんとも好もしい
植物園ではたくさんの樹木、数限りない秋の草花が
その恵みを満喫している
自分も同化するような気分がなんとも嬉しい

やはりねむるのではなくねぶりたい
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なおざりの罪のよせてくる菊... | トップ | 月光にうなだれてゐる廃戦車 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。