竹とんぼ

先達の秀句を味わいながら
自得の一句を求めて多作多捨です
古希すぎの晩学で楽しみながらの遅々緩歩です

はげそめてやゝ寒げ也冬紅葉  子規

2017年01月03日 | 子規鑑賞
はげそめてやゝ寒げ也冬紅葉




子規25才 明治24年の作

若年期らしい言葉をかざらないところが好ましい
はげそめる この通常では用いることのない言葉が効いている
この冬紅葉のはじまり以外にそぐう選択は思いつかない
(丈士)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« のら猫の糞して居るや冬の庭 ... | トップ | きぬぎぬの鴉見にけり嵯峨の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

子規鑑賞」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。