竹とんぼ

先達の秀句を味わいながら
自得の一句を求めて多作多捨です
古希すぎの晩学で楽しみながらの遅々緩歩です

春雲に同じ問ひかけ観覧車

2016年02月17日 | 
春雲に同じ問ひかけ観覧車






春の綿雲

人のみえない観覧車が

とどまることなくゆっくりと回っている

何度も何度も何かを問いかけているようにみえた
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 牛蛙こんなに生きて不足顔 | トップ | 蜃気楼そこの確かな探し物 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。