竹とんぼ

先達の秀句を味わいながら
自得の一句を求めて多作多捨です
古希すぎの晩学で楽しみながらの遅々緩歩です

分校の複式授業蝌蚪の瓶

2016年02月15日 | 
分校の複式授業蝌蚪の瓶



昭和47年
長女の入学した小学校は北海道虻田郡洞爺村字大原の
洞爺小学校大原分校
生徒数11人の複式授業だった
理科、図工、音楽、体育などは全学年まとめての授業だった

窓から残雪の遠い山並みをみていて思い出されたのはなぜだろう
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蟻穴を出る知るよしなきの派遣先 | トップ | 牛蛙こんなに生きて不足顔 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事