竹とんぼ

先達の秀句を味わいながら
自得の一句を求めて多作多捨です
古希すぎの晩学で楽しみながらの遅々緩歩です

京にても京なつかしやほととぎす 芭蕉

2017年07月13日 | 芭蕉鑑賞
京にても京なつかしやほととぎす



(季語:ほととぎすー夏  出典:己が光  年代:元禄3年(1690年:46才位)
ホトトギスの声を聞いていると、
現在京都にいながら
いまさら京都が懐かしくなる、の意。

流伴鑑賞
芭蕉は京都をことのほか好んでいたのだろう
たくさんの知己もいて
さまざまな出来事、そして京の街並みや歴史
京に居るからこそそんな感慨がふかまるのだろう
そしてこのほととぎすの声
まちがいなくここは京都なのだ
『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 五月雨を集めて早し最上川 芭蕉 | トップ | 子ども等よ昼顔咲きぬ瓜むか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

芭蕉鑑賞」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。