竹とんぼ

先達の秀句を味わいながら
自得の一句を求めて多作多捨です
古希すぎの晩学で楽しみながらの遅々緩歩です

卒業を刻む手練れの肥後守

2016年02月25日 | 
卒業を刻む手練れの肥後守



木製の机に椅子
私の学生時代はこれが普通だった
鉛筆は小学校高学年からは自分で削った
「肥後守」を上手に使いこなす同級生は尊敬された
卒業期 机も椅子も傷だらけになるのは黙認の記憶がある
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今生を空にあずけて石鹸玉 | トップ | 春の夢犬と添ひ寝の浮浪人 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。