竹とんぼ

先達の秀句を味わいながら
自得の一句を求めて多作多捨です
古希すぎの晩学で楽しみながらの遅々緩歩です

此のあたり目に見ゆるものは皆涼し 芭蕉

2017年07月15日 | 芭蕉鑑賞
此のあたり目に見ゆるものは皆涼し




季語:涼しー夏  出典:藤の実  年代:元禄6年(1693年:49才位)
河のほとりの水楼に登って眺める景色はまことにすばらしい。
暑さを払う涼風に、
あたりのに見えるものすべてが涼しげである、の意。

※『笈日記』には「十八楼の記」と題する長い文章の末に付記する。
文は、稲葉山麓の賀島鴎歩(おうほ)〈岐阜の油商で俳人〉の水楼から見渡した長良川や、
遠近の農漁村、北方の連山など、
広い眺望を風景画風に描き、
その美景を中国の瀟湘(しょうしょう)八景・西湖十景になぞらえて、
水楼に「十八楼」の名を与えたもの。

流伴鑑賞
句だけで鑑賞すればなんとも平明だが
この句の収まるところをみれば
その深さが解けてくる
俳句は作品の背景と作者を理解することも大切のように感じる
『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子ども等よ昼顔咲きぬ瓜むか... | トップ | 清瀧や浪に散りこむ青松葉 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。