竹とんぼ

先達の秀句を味わいながら
自得の一句を求めて多作多捨です
古希すぎの晩学で楽しみながらの遅々緩歩です

竹の子や稚き時の絵のすさび   芭蕉

2017年07月17日 | 芭蕉鑑賞
竹の子や稚き時の絵のすさび
 


季語:竹の子ー夏  出典:猿蓑  年代:元禄4年(1691年:47才位)
竹の子が土の中から顔をを出している。幼い時にはよくこれを絵に描いて遊んだものだ、の意。

流伴鑑賞
俳句は現在を詠むもので
過去を偲ぶようなものは第2等といわれる
この句は筍をみて昔よく絵を描いたことを思う出した」という句だが
その当時の時代や家族そしてそれから現在につながる
人生の来し方までを感じさせる

「絵のすさび」の措辞がなんとも平明だが余韻をかんじた
『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 清瀧や浪に散りこむ青松葉 ... | トップ | 閑かさや岩にしみ入る蝉の声 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

芭蕉鑑賞」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。