竹とんぼ

先達の秀句を味わいながら
自得の一句を求めて多作多捨です
古希すぎの晩学で楽しみながらの遅々緩歩です

やはらかな風にほどかれ蕗の薹

2016年02月29日 | 
やはらかな風にほどかれ蕗の薹



春日をあびてやわらかな風にほころんで
蕗の薹がほころんできた
春の味覚だ
毎年同じところに芽をだすのが律儀である
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 婿入りの決め手三杯の浅利汁 | トップ | 亀鳴くや欠伸こらえる阿吽像 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。