竹とんぼ

先達の秀句を味わいながら
自得の一句を求めて多作多捨です
古希すぎの晩学で楽しみながらの遅々緩歩です

秋霖や粗石の列ぶ殉死の墓(き) 流伴

2017年09月14日 | 
秋霖や粗石の列ぶ殉死の墓





日光には多数の寺院がある
諸般の大名を祀った寺もあって
その寺の門外に粗い石が並んでいたりする
身分の低い家臣の殉死者の墓である
しとしとと秋の長雨は
彼らをやさしく慰めているかのようだ


原句
首塚や木の葉時雨のしとどなる
首塚を殉死の墓(き)に
木の葉時雨を秋霖とした
『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 知りたるを神妙に聴く菊の酒... | トップ | 小半刻外人墓地に秋の暮 流伴 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事