竹とんぼ

先達の秀句を味わいながら
自得の一句を求めて多作多捨です
古希すぎの晩学で楽しみながらの遅々緩歩です

大仏や薔薇の名前に桜貝 流伴

2017年06月20日 | 
大仏や薔薇の名前に桜貝



鎌倉の大仏は何にでもよく似合う
この季節は紫陽花だが、薔薇の展示会をしていた
なんと名札のひとつには「桜貝」
その花弁はほんとうの桜貝以上に桜色だった



父の日の笑顔遺影にふさわしく



父の日に子供らがやってきて
ひとしきりの談笑
記念の写真を撮ったりする
この日の私の笑顔は破顔100%
遺影の候補作ができそうだ



ほうたるのゐのちのかぎり闇の黙




蛍の命の灯り
せつなくも哀しいが
その漆黒の闇の舞台こそ蛍の舞に相応しい
『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 檀那寺の曝書に雑じり幽霊図... | トップ | 忠魂碑灼けたまんまに夏の蝶... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。