竹とんぼ

先達の秀句を味わいながら
自得の一句を求めて多作多捨です
古希すぎの晩学で楽しみながらの遅々緩歩です

五月雨を集めて早し最上川 芭蕉

2017年07月12日 | 芭蕉鑑賞
五月雨を集めて早し最上川




(季語:五月雨ー夏  出典:おくのほそ道  年代:元禄2年(1689年:45才位)
折からの五月雨を集めて、
最上川は滔々と急流をなしている。
その速い流れの中を船で下っていくことよ、の意。

流伴鑑賞
芭蕉の代表作ののひとつ
おくの細道でも出色の作品
とうとうと流れのはやい最上川
船上の芭蕉が目に浮かぶ

『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記五月雨を降り残してや光堂... | トップ | 京にても京なつかしやほとと... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。