竹とんぼ

先達の秀句を味わいながら
自得の一句を求めて多作多捨です
古希すぎの晩学で楽しみながらの遅々緩歩です

片足は空に溶かして秋の虹

2017年10月21日 | 

片足は空に溶かして秋の虹




秋の虹は夏の虹と違って淡い色彩が良い
両足がみな見えることはほとんどない
秋の澄んだ空に淡い七色の霞みはあわれでもある

原句2014/11/15
ひとまたぎ地球を測る秋の虹
気に入っていたのだが
秋の虹の理由がない
むしろ夏の虹の逞しさが相応しい
『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛き時も鬱たる時も青蜜柑 ... | トップ | 大空にもの云っている木守柿... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事