竹とんぼ

先達の秀句を味わいながら
自得の一句を求めて多作多捨です
古希すぎの晩学で楽しみながらの遅々緩歩です

有明や浅間の霧が膳を這ふ 一茶

2016年10月25日 | 一茶鑑賞


有明や浅間の霧が膳(ぜん)を這(は)ふ


夜が明けても、まだ空に月が残っている
早立ちのために食膳につくと、
浅間山の方から霧が流れてきて
膳のあたりを這っている。
〔季語〕霧

浅間山には何度も行ったが、遅くまで騒いでいて
朝食はいつも宿の人に呼ばれる有様で
この一茶の旅情にはほど遠い

俳句には不真面目は相応しくないのだと今さらのように納得する

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋うらら背筋の伸び代たしかむる | トップ | 名月をとってくれろと泣く子... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

一茶鑑賞」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。