竹とんぼ

先達の秀句を味わいながら
自得の一句を求めて多作多捨です
古希すぎの晩学の遅々緩歩を楽しんでいます

秋日差し鑿あと深き石の蔵

2016年10月12日 | 
秋日差し鑿あと深き石の蔵



栃木県は大谷石の産地で県内にはその建物が多く現存する
古ければ古いほどに味わい派増す
現代ではほとんどが機械や重機を使用しての作業だが

旧い建物は全てが人力だ
石倉の壁面の細かい鑿のあとが
秋の日差しをうけて美しい
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 罪ひとつうすらふ心地赤い羽根 | トップ | 秋うらら背筋の伸び代たしかむる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。