竹とんぼ

先達の秀句を味わいながら
自得の一句を求めて多作多捨です
古希すぎの晩学で楽しみながらの遅々緩歩です

蜃気楼そこの確かな探し物

2016年02月18日 | 
蜃気楼そこの確かな探し物




富山県に月に何度もでかけることがあった
日本海の幸を堪能したり
蛍烏賊の神秘の様を夜の海で体験もした
立山の雪壁にも触れた
たくさんの温泉も訪ねたが
蜃気楼を長い時間みたことは衝撃に近いものだった
始めてなのに何故か懐かしかったことは忘れない
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春雲に同じ問ひかけ観覧車 | トップ | 風紋の城郭のごと桜貝 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事