竹とんぼ

先達の秀句を味わいながら
自得の一句を求めて多作多捨です
古希すぎの晩学で楽しみながらの遅々緩歩です

春の彩そのとりどりに筆足らず 

2016年02月23日 | 
春の彩そのとりどりに筆足らず 




春の光はまばゆいばかり
その光の中にたくさんの色
用意の絵筆の足りるはずもない
私だけの春景色
今日だけの春の表情
コメント
この記事をはてなブックマークに追加