竹とんぼ

先達の秀句を味わいながら
自得の一句を求めて多作多捨です
古希すぎの晩学で楽しみながらの遅々緩歩です

大啼きは孤りの気張り寒烏

2016年02月02日 | 
大啼きは孤りの気張り寒烏






やけに鴉の鳴き声の高い時がある

なかなか泣き止まないことも多い

そんな鴉は概ね単独だ

仲間を呼んでいるのか

強がっているのか
コメント
この記事をはてなブックマークに追加