たけちゃんねる

その日の気分。

テニス備忘録 ドロップショット 帰ってくるボール

2017年03月11日 02時05分48秒 | 日記
ドロップショット‥というか、帰ってくるボールの打ち方。

コンチネンタルでフェイスを上に向けて、スイング方向のエッジが上、後ろのエッジが少し下になるくらいのフェイスの開きで水平にスイング。

スイング方向のエッジを上に上げることで、スピンが結構かかる。

あと、ボールを跳ねさせたくない場合は、ラケットのトップ気味で打って、飛びを吸収する。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テニス備忘録 フラットのフォアハンドのこと

2017年01月28日 23時27分07秒 | 日記
僕のフォアハンドの基本は、フラットでインパクトの腕の形を作って、そのまま腕の形を変えずに、上体を後ろにターンさせて、テイクバック完了。テイクバックのところから、元の打点に上体を回転させるて、スイングをする。スイングする時も、腕の形は変えずに、上体のターンだけでスイングするイメージ。

インパクトの手の形は、打点でフラットにした時に爪が上を向く状態。ドアノブを、右に捻った形。

だから、テイクバック完了時点では、フェイスが上に向くイメージになる。

とにかく、インパクトの右手の形は、爪が上を向いた状態になるし、テイクバック完了からインパクトまでは、爪が上にある手の形でスイングする。

まぁ、そんな感じ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テニス備忘録 フォアハンドの当たり具合

2017年01月22日 17時14分22秒 | 日記
フォアハンドの当たりが悪い時、気をつけること。 

テイクバックの完了時点で、腕の内側がスイング方向を向いてることが重要。

その後のスイングは、腕の内側を前に向けたまま、前にスイングする事が、フラット打ちでは、特に重要だから。

と言うことで、そのテイクバックをするために気をつけることを、書く。

腕の内側をテイクバック完了時点で、スイング方向に向けるためには、テイクバック完了時点で、右手でドアノブを右に捻った状態にてして、テイクバックを完了させる必要がある。

だから、うまく当たらなくなったら、まずは、ドアノブを、右に捻った状態を作ってから、テイクバックをすることを気をつける。

この感じでテイクバックすると、ラケットヘッドはグリップ位置よりも下になる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テニス備忘録 フォアハンドの当たり具合

2017年01月22日 01時04分16秒 | 日記
フォアハンドの当たりが悪い時、気をつけること。 

テイクバックの完了時点で、腕の内側がスイング方向を向いてることが重要。

その後のスイングは、腕の内側を前に向けたまま、前にスイングする事が、フラット打ちでは、特に重要だから。

と言うことで、そのテイクバックをするために気をつけることを、書く。

腕の内側をテイクバック完了時点で、スイング方向に向けるためには、テイクバック完了時点で、右手でドアノブを右に捻った状態にてして、テイクバックを完了させる必要がある。

だから、うまく当たらなくなったら、まずは、ドアノブを、右に捻った状態を作ってから、テイクバックをすることを気をつける。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テニス備忘録 フォアハンドの当たりが悪い

2017年01月17日 19時16分52秒 | 日記
ドアノブがあるとして、シェイクハンドで握る。

右にドアノブを捻る。

その手のまま、腕を曲げずに後ろにテイクバック。

そして、腕を曲げずにスイング。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テニス備忘録 フォアハンドの当たりが悪い

2017年01月17日 02時09分39秒 | 日記
ドアノブがあるとして、シェイクハンドで握る。

右にドアノブを捻る。

その手のまま、後ろにテイクバック。

スイング。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テニス備忘録 フォアハンドでボールにちゃんと当たらない時

2017年01月15日 21時50分34秒 | 日記
フォアハンドでボールにちゃんと当たらない時は、手首がロックしてて、柔らかく使えてないに違いない。

と言うことで、そんな時にはテイクバックで、次のコトに気をつける。

まず、感覚的な話しで行くと、テイクバックの時に、腕の内側をスイング方向に向けるイメージでテイクバックをする。

スイングの時に腕の内側を前に向けると言うことは、正面で右手の平を縦に立ててたとしたら。それをまず、右側に捻って、手の平を上に向けるイメージ。そして、そこから、上体捻りつつ、テイクバックすると、ラケットヘッドは、グリップよりも下を向いた状態で、テイクバックすることになる。

伊達さんのテイクバックのイメージか。

繰り返しになるけど、ラケットのフェイスで言うと、縦に立ててるラケットを、右に捻ってフェイスを上に向けて、上体を捻り、後ろに引く。

その時に、ラケットヘッドを落として、グリップの位置よりラケットヘッドの位置は下になるように。

あと、テイクバック完了のイメージは、右足の下で、腰より上にラケットヘッドが上がらないように、意識する。

と言うことで、結果的にラケットヘッドをグリップ位置よりも低く落として、手首が伸びた状態を作って、右下にテイクバックをする。

とりあえず、フォアハンドの当たりが悪くなったら、このことを意識する。

あと、スイングする時は、テイクバックで伸ばした腕をたたまずに、伸ばしたまま、両肩を回すように、腕を伸ばしたまま、ラケットを回転させる。

最後に、高いボールの打点は、いつもより前で打つこと意識する。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テニス備忘録 フォアハンドでボールにちゃんと当たらない時

2017年01月15日 20時28分59秒 | 日記
フォアハンドでボールにちゃんと当たらない時は、手首がロックしてて、柔らかく使えてないに違いない。

と言うことで、そんな時にはテイクバックで、次のコトに気をつける。

まず、感覚的な話しで行くと、テイクバックの時に、腕の内側をスイング方向に向けるイメージでテイクバックをする。

スイングの時に腕の内側を前に向けると言うことは、正面で右手の平を縦に立ててたとしたら。それをまず、右側に捻って、手の平を上に向けるイメージ。そして、そこから、上体捻りつつ、テイクバックすると、ラケットヘッドは、グリップよりも下を向いた状態で、テイクバックすることになる。

伊達さんのテイクバックのイメージか。

繰り返しになるけど、ラケットのフェイスで言うと、縦に立ててるラケットを、右に捻ってフェイスを上に向けて、上体を捻り、後ろに引く。

その時に、ラケットヘッドを落として、グリップの位置よりラケットヘッドの位置は下になるように。

あと、テイクバック完了のイメージは、右足の下で、腰より上にラケットヘッドが上がらないように、意識する。

と言うことで、結果的にラケットヘッドをグリップ位置よりも低く落として、手首が伸びた状態を作って、右下にテイクバックをする。

とりあえず、フォアハンドの当たりが悪くなったら、このことを意識する。

最後に、高いボールの打点は、いつもより前で打つこと意識する。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テニス備忘録 フォアハンドでボールにちゃんと当たらない時

2017年01月15日 20時22分31秒 | 日記
フォアハンドでボールにちゃんと当たらない時は、手首がロックしてて、柔らかく使えてないに違いない。

と言うことで、そんな時にはテイクバックで、次のコトに気をつける。

まず、感覚的な話しで行くと、テイクバックの時に、腕の内側をスイング方向に向けるイメージでテイクバックをする。

スイングの時に腕の内側を前に向けると言うことは、正面で右手の平を縦に立ててたとしたら。それをます、右側に捻って、手の平を上に向けるイメージ。そして、そこから、上体捻りつつ、テイクバックすると、ラケットヘッドは、グリップよりも下を向いた状態で、テイクバックすることになる。

伊達さんのテイクバックのイメージか。

繰り返しになるけど、ラケットのフェイスで言うと、縦に立ててるラケットを、右に捻ってフェイスを上に向けて、上体を捻り、後ろに引く。

その時に、グリップの位置よりラケットヘッドの位置は下になるように。

あと、テイクバック完了のイメージは、右足の下で、腰より上にラケットヘッドが上がらないように、意識する。

と言うことで、結果的にラケットヘッドをグリップ位置よりも低く落として、手首が伸びた状態を作って、右下にテイクバックをする。

とりあえず、フォアハンドの当たりが悪くなったら、このことを意識する。

最後に、高いボールの打点は、いつもより前で打つこと意識する。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テニス備忘録 フォアハンドがちゃんと当たらない

2017年01月15日 00時46分05秒 | 日記
フォアハンドでちゃんと当たらないとき、次のコトを試す。

まず、テイクバックの時に、腕の内側を正面に向けるようにテイクバックする。そうするとら、ラケットヘッドも寝るから、いい。

あとは、ラケットの打点をラケットの先っぽのイメージから、少し下、ラケットのど真ん中に当てるイメージに変える。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加