Semir マニアの洒落言

Semir マニアの「アラーム・フォー・コブラ11」感想日記
まずは、「お願いルール」をお読み下さい。

「アラーム・フォー・コブラ11 Staffel 28 -スペシャル」 

2016-04-14 | 第28シリーズ パウル・ゼミル

原題「Alarm für Cobra 11- Dei Autobahnpolizei/アラーム・フォー・コブラ11-アウトバーン・コップ」
ドイツ・RTL製作ドラマ 2016年にドイツで放送された作品。(日本未公開・ネットにて

第28シリーズ スペシャル「Cobra, übernehmen Sie」(直訳=(コブラ、あなたを引き継ぎます)」
(Season39 Episode1 2016年4月7日放送)  

監督 Franco Tozza
コンサルティングプロデューサー エルドゥアン・アタライ

出演 エルドゥアン・アタライ(ゼミル・ゲーカーン)  ダニエル・ローズナー(パウル・レナー)
ゲスト シャルロット・シュヴァーブ(アンナ・エンゲルハート)

勝手なあらすじ(RTLのホームページに掲載してあるあらすじを機械翻訳にかけ、観賞した後の印象から) 
1996年4月7日。
パウル少年は、ミニカーを持ち出し、高速警察隊ごっこをして遊んでいた。そこへ、本物が現れる。
横転した車の中から本部へ連絡するゼミル。その脇を犯人の車が逃走していった。とっさに友人から自転車を借りて犯人を追うパウル少年。
犯人を追い詰めるも、銃口を向けられてしまう。間一髪、助けてくれたのはゼミルだった。
そして、現在。
彼は今、そのゼミルとアウトバーンにいた。
人質を連れて逃げる犯人を追う二人。しかし、ゼミルは逮捕まであと一歩という所で意識を失ってしまった。命を狙われた所を救ったのは、相棒のパウルだった。
署に戻ったゼミルは、みんなから勤務20年のお祝いをしてもらった。
かつての上司、エンゲルハート隊長も駆けつけ、長官から感謝状をもらい喜ぶ彼。
だが、その夜、アンドレアと一緒の時に、自分の体の異変に気がつくのだった。

勝手な感想(自分の思い込み多々) 
長らくお待たせしました!
やっと春の新シリーズが始まり、今年も変わらず、お付き合い下さいませ。

そして、久々なので、スペシャルよろしく、ゼミル中心で長文です。

いきなり懐かしい~風景で始まるこのドラマ。
若かりし頃のゼミルは、ちょっと笑っちゃいますが、なんかものすごく感無量だった。
ゼミルを演じるアタライも20年かぁ~と。
エンゲルハート隊長も駆けつけてのサプライズパーティー!目がうるっとしてしまったのは、言うまでもないのだ。

だって、駆けつけてくれる元同僚は、彼女しかいないってのが・・・。(>_<)
ゼミルも挨拶で空を見上げていたもんな~。(みんなのおかげだよ~みたいに)
だけど、
表彰される割には、メダルとかじゃないんだね、ボールペン(?)だったよね。
あのクラッシュした車の置物は、最高に可愛かったけども。(壊し屋ゼミル君ですから~)

さて、懐かしいなんて思っていたら、ゼミルの危機ですよ!
予告通り、頭の中に異変ですぞ!
医師から渡されたあれは、脈拍を測る(?)もの。心拍数が120になると危険が~。
もう、ドキドキもの。
アンドレアに電話しようか迷うゼミルが切なかった~。誰にも言わない所が、彼らしくって・・・。(>_<)
家族の危機に病院で寝てられない!なんて、格好良すぎだよ~。
そして、
なんたって格闘シーンの多さに感服。
ちっこいゼミルが、大きい相手を倒すのは、やっぱ好きだな~。
未だにアクションのキレがいいアタライに、惚れ直してしまったよ~。(*^-^*) 

そうそう、
相棒パウルを助けようと車からのジャンプ!
その前にドアを壊すドライビングテクニックも憎い演出。

そのゼミルが助けた相棒パウル。
前回のアレックスには悪いが、俄然こっちの相棒の方が個人的には好みだった!
運動神経もいいし、相棒想いなのもいいよ。
「何があったんだ。俺だけには教えろ!」とせまる感じが好きだなあ~。

演じる、ダニエル・ローズナー自身がスポーツが得意らしく、いきなりあの水辺のシーンでのアクションは圧巻。

あのエンジン付、サーフィン(?)もよかったしね。
そうそう、
オープニング、ジャンプする車から狙い撃ちする姿もなかなか格好良かったよ!

これは行けそうな感じ。

忘れそうでした。
ゼミル同様、主役級の扱いだったのが、ハルトムート君!!
いつの間にスザンネと?という疑問はともかく、彼なりにがんばっておりました。
パウルに暗証番号をと問い詰められ、赤ちゃんの出産に立ち会い、むっちゃ大変でした。

赤ちゃんのパパちゃんになるのかな?

お~そういえば、何気にお色気シーンが~。
クリューガー隊長とジェニーちゃんのドレス姿は、男性陣には、目の保養だったのでは?

大人の色気の隊長に対して、若くて爽やかなジェニーちゃん。
隊長の胸元と、足元のスリットの長さにドキドキしたのは、皆様内緒にしておきますか?(^◇^;)

余談だが。
ゼミルの娘アイダを演じる、アタライの娘。
小生意気に見えたのは自分だけか?(~_~;)

いや~
オープニングからアウトバーン登場で、新相棒とも、もう、仲良しになってた様子で、なんか新旧いいとこ取りの演出で、すっごく嬉しかった、ich。
これこそコブラ11って感じがして、めっちゃ最高だった。

何度も見たい!って久々に思えたしさ。

このプレミア上映にかつての相棒も駆けつけてくれました。
懐かしい面々。

初代相棒、フランクを演じた、ヨハン・ブランドラップにはビックリしましたが、未だに変わらないアンドレ事、マーク・ケラーにもビックリでした。
映画の撮影で坊主頭のアレックス事、ヴィンツェンツ・キーファー、ベン事、トム・ベックは、変わらずでした。(^◇^;)

今期は、アクションが多いのかな?
なんか嬉しいなあ~。

さあ、もう一度、生死をさまようゼミルでもみますかね。(^◇^;)

 

『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行くぜ!相棒、待ったぜ!ゼ... | トップ | ゼミル、ケガの回数 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ファンには突っ込み所が多い (Happiness裕之介)
2016-04-14 21:14:16
冒頭は突っ込み所が多くて愉快でしたね。
新相棒はなかなか演技力があって今後が楽しみ。
エンゲルハート元隊長にはもっと出演して欲しかったな。
23日からドイツへ行って来ます。ロケ地探訪も織り込み済みです。
懐かしい~! (Happiness裕之介さんへ:takbout)
2016-04-14 22:59:57
Happiness裕之介さん
長年のファンには、オープニング、突っ込みたくなりますね。
というか、爆笑しましまた!

>新相棒はなかなか演技力があって今後が楽しみ。
ですよね。二人の目線の会話とか良かったです。

ドイツ!
気を付けて行ってらっしゃいませ。
周辺諸国では、テロもあったりしまして、今までよりも緊迫してると思われますから~。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む