マニアの戯言

映画マニアの勝手な映画感想日記

カテゴリーの基本ルールをお読み下さい。


「World Express - Atemlos durch Mexiko」

2013-07-23 | 独国映画&ドラマ ワ~ン

World Express - Atemlos durch Mexiko (邦題「トレジャー・トランスポーター マヤの秘宝の謎を追え!」)2010年 ドイツTVスペシャル(RTL局)

監督 ロバート・デル・マエストロ
出演 マルコ・ギアント サラ・マリア・ベスゲン クセーニャ・アセンツァ ヨヘン・ニッケル

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
何処へでも何でも届けるワールド・エキスプレス社のエース、ダーヴィドとフィリップ。
今日もメキシコで書類を男性に無事届け、その書類をもらった男性が自殺しようとしたのもなんとか食い止めた。
そして、新たな依頼が入る。身代金の受け渡しだ。
ダーヴィドは依頼主が元恋人のコリンナと知り動揺する。さらに、誘拐された娘は自分の子供だというではないか!
犯人との受け渡しに失敗。フィリップも撃たれて死亡してしまう。
それでも、なんとか身代金が入った鞄を奪い返したダーヴィド。鞄の中は、マヤ文明の秘宝が記されたインカの石版だった。

勝手な感想(自分の思い込み多々)
RTL社で無料放送していた時に、観賞した作品。
のちに、日本版も出て観賞したのだが、印象が変わらなかったので、とりあえず、ドイツ版観賞として掲載する事に。

やっぱり、娯楽性が高いRTL社。
わかりやすくて、楽しかったなあ。

主人公のダーヴィドは、アラーム・フォー・コブラ11で何回もゲスト出演しているマルコ・ギアント。
(隣の女性は奥様です。コブラ11ではおなじみのカティア・ヴォイヴォート)

個人的には、典型的のハンサムと見ている。体つきもなかなかなのだ。
好青年の雰囲気そのものだから、彼の悪役は見たことがない。演じると面白いと思うんだけどなあ。

物語の展開だが、謎解きも面白かったし、犯人も誰かというのが、お~そう来たか~とこれもなかなかだった。
そうそう、フィリップも日本未公開版だけでも、コブラ11にゲスト出演していた俳優さんだった。
なので、なじみも多かった。

アクションもいきなり、ビルの屋上からの救出劇ですからね、恐れ入りました。

RTL社って意外と、現代版の秘宝探しが得意分野らしい。という事で、来月にはまたもや新作が来る。
邦題「トレジャー・ハンターズ アインシュタインの秘宝を追え!」 8月2日レンタル開始。

実は、
ベンヤミン・サドラーが出演した「悪魔のコード」と同じシリーズなのだ。
ベンヤミンの役は2作目の「レジェンド・オブ・ロンギヌス」からは、別の俳優さんが演じてはいるのだが、他は同じ俳優陣。

今からむっちゃ楽しみだよ~(*^^)v

『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「NCIS~ネイビー犯罪捜査班... | トップ | ドイツ映画&ドラマ ワ~ン »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事