マニアの戯言

映画マニアの勝手な映画感想日記

カテゴリーの基本ルールをお読み下さい。


「ジュラシック・ワールド」

2015-10-09 | 2000年~代映画 さ~そ

Jurassic World  2015年 アメリカ作品



監督 コリン・トレヴォロア
製作総指揮 スティーブン・スピルバーグ
主演 クリス・ブラット ブライス・ダラス・ハワード ヴィンセント・ドノフリオ タイ・シンプキンス ニック・ロビンソン オマール・シー

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
両親が離婚間近のグレイとザックの兄弟は、伯母のクレアが勤める「ジュラシック・ワールド」へ遊びに行く事になった。
両親に見送られ到着したが、出向かえたのは、クレアの秘書だった。
一方、そのクレアは、姿を現さない新種開発の恐竜インドシナス・レックスの事が気がかりでず~とその監視塔にいた。そこへ、動物行動学の専門で、元特殊部隊だったオーウェンが来る。
姿を表さない事に危機を感じた彼は、中に入ると、壁を登ったような痕跡があり、外へ出たのではないかと推測し、ゲートを開け確かめる事にした。だが、それは逆で、賢いこの恐竜は、外へ出たくてゲートを開けさせたのだ。
逃走してしまった恐竜を保護する為、パーク内へ、避難指示を出すクレア。
二人の甥っ子の安全を真っ先に確認しようとするが、折しも、グレイとザックが、アトラクションのライドに乗って出発した後だった。

勝手な感想(自分の思い込み多々)
アニメ好きな息子曰く「全世界的に興業収入1位をこの映画が独占している時期に、日本はアニメがトップだった。」
というくらい、公開が世界よりも遅れたこの作品。
有名俳優は出演しないし、きっと前回の作品が大コケした(と思われる)為に、他の国で泊が付くまで待ってたに違いないと思われるのだ。
あ~そこらへん、センスねぇなー日本の配給業者。

さて、そんな毒舌よりも、今回は、むっちゃファミリー向け。迫力も物語も面白かった~。
前回の出演者を出演させないのも良い感じ。(出演しておられましたが、記憶にない脇役でしたから)
なんたって、ビックリしたのが、
クレアが終始ハイヒールで森を飛び回っていた事!
それまで、全く気がつかず、ラストに近いシーンで気がついたのだ。丈夫なヒールだな~と同時に、あなたの身体能力の方が、恐竜より凄いわよ。(;゜ロ゜)

そして、その恐竜。
空飛びは、映画「鳥」を思い出すような感じだった。(あ!ちなみに、3Dが苦手なので、2Dで鑑賞しております。)
それと、海の恐竜。
出てきてぱっく~ん!!
ジョーズのご先祖はすげ~!と思ってしまいましたとさ。(憶測ですが)

恒例の人間食べられちゃうシーン。
一緒に行ったパートナー曰く「あの太り具合は美味しそうだよね。だから、食べられちゃったね。」
という面白い観点で見ておりました。(^◇^;) 
でも、それもリアルに見せるのではなく間接的だったので、そんなに気持ち悪くもありませんでした。
配慮したなたぶん。

それでは、
本来の目的オーウェンを演じた、クリス・ブラットはと言いますと
きゃ~わ~かっこいい!!
ガーディアン~」の時よりも一弾と男っぽくなっておりました。
恐竜を手なずけるやさしさ。もう、格好良すぎです。惚れちゃいました~。
ので、
このまま来週は彼の出演作特集です。(^_^)v

ラストの人間無視の、新旧の闘いは必見!!
とはいえ、
どちちがどっちだか、区別が付かない自分は、今はどっち?と思いながら応援しておりました。

また続編作るとか。
こんな感じだったら、大歓迎です。
作る度に、新種の恐竜出すのかな?
それとも、
軍事兵器に成長させるのかしら?(^◇^;)
手なずけられる大きさじゃない気がするけどね。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ジュラシック・パークⅢ」 | トップ | 「The Mentalist –メンタリストの捜査ファイル... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む