マニアの戯言

映画マニアの勝手な映画感想日記

カテゴリーの基本ルールをお読み下さい。


「モンスタートラック」

2017-06-16 | 2000年~代映画 ま~も

Monster Trucks (モンスタートラック) 2016年 アメリカ作品



監督 クリス・ウェッジ
出演 ルーカス・ティル ジェーン・レヴィ エイミー・ライアン ロブ・ロウ ダニー・グローヴァー

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
テラベック石油会社が運営している油井に社長が緊急でやってくる。
油槽の手間に水の層があり生物存在しているのではないかというのだ。しかし、社長の言い成りで専属の科学者ダウドはそんなものは存在しないと返事をし、掘り進めてしまう。
すると、何かが飛び出し大事故になってしまった。謎の物体が3匹出てきたが、2匹は確保したが、1匹が逃げたままだった。
高校生のトリップは同級生が皆、自家用車で通うところを未だにスクールバスで通学していた。
母親には新しい保安官の恋人がいるが、彼はまだ父親を恋しく思っていた。
そんなある日の事。
バイト先の修理工場で自分の車にすべく壊れたトラックを修理していると、物音がして妙な生物が現れる。警察に通報すると、姿がなくイタズラだと思われてしまった。
しかし、後日再び現れた生物はガソリンを好み自分のトラックも好んで楽しそうだった。
そんな時、生物を見なかったかと謎の男達が現れた。
トリップはとっさにその生物が乗り込んだトラックと共にその場を逃げ出すのだった。

勝手な感想(自分の思い込み多々)
モンスターなんてつくので、また学園ホラーの類いかと持ったら、ファミリー向けのほのぼの青春ものでした。
水の中で光る姿は、キャメロン監督の映画「アビス」を思い出すが、見た目は、タコの宇宙人風。
しかし、口には鋭い牙があったよ。
瞳がつぶらな感じだったので、可愛かったけども。

よくある異性物との交流の友情物語。
まあねえ、ルーカス君がもっと高校生に見えたら、なんも違和感はなかったんだけども・・・。(毒舌)

そうそう、懐かしいロブ・ロウが悪役で登場しておりました。
昔は彼がこっち側だったのにね。(どっち?)

基本、この監督さんはアニメ作品の方だったとか。そう言われると納得。
アニメと実写の融合版って感じ。アニメではなく、CGだったけども。

それでは、主役の高校生トリップを演じたルーカス君はと言いますと。
高校生はともかく、むちゃ演技が上手かった。
そこに存在しないものとの共演ってすっごく大変だと思うのだけど違和感なく演じておりました。
トラックを改造するシーンなんかは、ちょっと「マクガイバー」ぽいな~とも思えたからね。

そう、マクガイバーですが、1話みて、期待大でした。以外と女っ気があってビックリでしたが、彼の代表作となるのは確実だと確信しました。
いや~毎週水曜が楽しみだわ。

他にも、彼は青春絵巻もの風な作品や、青春ホラーものに出演している様子なので、日本での公開を待つばかり。

とりあえず、
ジョシュ・デュアメルと共演してる「Strings」が来てくれ~。
Bravetown Official Trailer #1 (2015) - Josh Duhamel, Lucas Till Movie HD

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 好きな俳優 ジェームズ・マ... | トップ | 2000年~代映画 ま~も »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む