マニアの戯言

映画マニアの勝手な映画感想日記

カテゴリーの基本ルールをお読み下さい。


「ラルゴ・ウィンチ 裏切りと陰謀」

2012-07-06 | 欧州・他国 映画&ドラマ

Largo Winch Ⅱ (ラルゴ・ウィンチ 裏切りと陰謀) 2010年 フランスベルギードイツ作品

監督 ジェローム・サム
出演 トメル・シスレー シャロン・ストーン ウルリヒ・トゥクール クレーメント・シック ローラン・テルジェク オリヴィエ・バルテレミ ニコラ・ヴォード

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー) 
父親が亡くなる、3年前。
ラルゴは、ビルマの山奥にある村にいた。現地の女性と恋に落ち、このまま結婚を考えていた。だが、ある事から外国人のラルゴはその場を逃げなければならなくなり、彼は仕方なく恋人を置いて去ってしまう。
そして、3年後の現在。
ウィンチ財閥を継いだ彼だったが、財産はすべて慈善事業に投資する事に決め、協力を父親の友人ユングに頼んだ。そんな時、ラルゴに疑りが掛る。3年前に起きた、虐殺事件に関与していたというのだ。さらに、その資金を出したのは彼の父親のネリオだという。
すべてを知っているはずの側近フレディが何者かに殺されてしまった今、彼の無実を証明する人間は現地で助けだしたあの男しかいない。
ラルゴは執事のゴーチェを連れて、現地へ向かうのだった。

勝手な感想(自分の思い込み多々)
2作目も前回同様、面白かった。
いや~素晴しい身体能力だよ、シスレー。(^O^)v

あれ?と思ったのはシャロン・ストーン。
なかなかの役柄でした。脇ちゃ~脇役ですが。
鑑賞後に読んだのだが、「氷の微笑」みたいなシーンがあるそうだ。

そんなのあったっけ?という感想。σ(^◇^;)

まるっきり、女性に興味がないから、気にもしなかったのだった。
(というか、めざとくてスルーしたかな)

なんたって
今回嬉しかったのが、執事ゴーチェ(名前これで合ってると思うが)の活躍!!

前半、ラルゴの相棒は彼だったのだ。
ぶつぶつ言いながら、きちんと捜査するのは素晴しい。
そして、ある人物を追っての珍(?)道中はむっちゃ微笑ましかったのだ。
やっぱ好きだよ、執事さん。
次回も作る予定だったら、また出してお願い~。もち、同じ役者さんでね。

何かにつけて話題になっているあのスカイダイビングのシーン。
メイキングを見る前からあれは絶対実際に飛んでいると思ったら、何百回と飛んで撮影したそうだ。
あ~やっぱり。
だって、実際は飛んでるのではなくあれって落下してるだけだから、あんな長いシーンを1回そこらで撮りきれるもんじゃない。
いや~素晴しい。
ふと、スウェイジ出演の「ハート・ブルー」を思い出したよ。

さっきも言ったが、
そういうアクションシーンをこなしちゃう、シスレーってむっちゃ凄いしかっこいい。
他のアクションシーンもキレがよくって、本当、今後が楽しみ♪

という事で、彼の新作が公開予定になっている。
先月行われたフランス映画祭では先行上映されたとの事。
ハリウッドリメイクも決まっているこの作品。

「スリープレス・ナイト」
(原題=Nuit blanche) 
9月15日公開 
サイト http://sleeplessnight.jp/ 

フランス映画祭での作品紹介のページ 
http://unifrance.jp/festival/2012/films/f09-sleeplessnight.html 

予告編 

面白そうなアクション作品。 
実は、ドイツ映画「愛より強く」「ソウル・キッチン」に出演していた、ビロル・ユーネルも出演しているという事なので、むっちゃ楽しみなのだ。

でも、アクション意外の彼も見たくなったから、他の作品も見て見よっと。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ラルゴ・ウィンチ」 | トップ | 「ミレニアム ドラゴン・タ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む