笠間クラインガルテンの日々

笠間クラインガルテンでの有機野菜作り、地元の方々とのふれあい、そして豊かな自然と

伊豆旅行

2017-09-10 10:37:34 | Weblog
9月3日(日)、午前7時前に自宅を車でスタート
前日までの雨も上がり、天候はまずまず
道路も混んでおらず、予定通りの時刻に、長泉沼津インターからクレマチスの丘へ


クレマチスの丘はピュフェ・エリアとクレマチスガーデン・エリアとに分かれ、こちらはガーデンエリアの入り口


クレマチスの花が迎えてくれます


開園時間前でもあり、自然公園があるビュフェエリアへ

こちらは自由に入ることが出来ます

かなりの起伏があり、吊り橋も


「ベルナール・ピュフェ美術館」前

ベルナール作「パピヨン」、1975年の作品だそうです

三男とは美術館へ、
私は井上靖文学館へ


こちらが入口

残念ながら、中は写真撮影禁止

その後、私と長男は公園の中を・・・


公園の中で見つけたホトトギス


こちらも


この後、三男はヴァンジ彫刻庭園美術館へ
そして、全員再集合して、沼津魚市場へ昼食に
昼食は、事前に雑誌で調べておいた「沼津魚市場食堂」
水産卸売市場の2階にある食堂で、さすがに新鮮なお魚で、大変美味しく・・・

その後、市場の近辺を・・・

さすがに沢山のお魚屋さんと食堂が軒を連ねて
日曜日の昼時ということもあるのでしょうが、沢山の人で駐車場も満杯でした

次の目的地は修善寺

「独鈷の湯」
かつては葭簀張りでお風呂になっていたと思うのですが、現在は足湯に

そして、「修禅寺」

弘法大師ゆかりの寺
地名は「修善寺」ですが、寺の名は「修禅寺」
現在は曹洞宗のお寺さんだそうです

昔、岡本綺堂の「修禅寺物語」を読みましたが、内容はすっかり忘れてしまいました
 

修禅寺から川沿いにブラブラと


「竹林の小径」

バスツアーなどではよく立ち寄るところらしいですが、確かに“小径”

それでも、大変爽やかで、ブラブラするには最高


そして、いよいよ土肥温泉の今日の宿を目指して、西伊豆スカイラインを・・・
だるま山高原レストハウスからの眺望

駿河湾を望むことが出来ますが、残念ながら富士山は・・・
聞いたところ、この時期は海水温が高くどうしても雲が発生しやすいため、富士山を見ることは殆んどできないそうです

途中でも


それにしても、「伊豆の山々・・・」といった感じです


そして旅館へ

「新海花亭いずみ」

旅館前から


まだ陽が高いので、チェックインを済ませて、早速外へ
堤防では沢山の人が釣りを楽しんで・・・

チョッと覗かせてもらいましたが、釣果は・・・?

そして、旅館の裏山が1時間ほどで歩ける自然歩道になっているという看板を見つけ、長男と歩くことに

「富士見園地」があるということだったのですが、林に覆われて・・・眺望はゼロ

旅館への帰り道

トビ?

何度も頭の上を


そして・・・海に沈む夕日

西伊豆ならではです
「サンセットブリッジ」という橋の上からの写真です

そして、サンセット

富士山は見ることが出来ませんでしたが・・・

旅館に帰って、楽しみの温泉

部屋に設けられた掛け流しの露天風呂です
爽やかな風が気持ちよく、外の景色を楽しみながらのんびりと

そして、夕食

ここでも海の幸が豊富に

温泉に浸かり、お酒を頂いて・・・
 部屋からの夜景
午後8時にはベッドへ
楽しい1日でした
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋? サトイモとクリ | トップ | 伊豆旅行 二日目 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事