笠間クラインガルテンの日々

笠間クラインガルテンでの有機野菜作り、地元の方々とのふれあい、そして豊かな自然と

江戸川サイクリング ㉑ 菅生沼

2017-02-09 09:34:40 | Weblog
2月8日(水)朝7時30分、寒風の中を久しぶりにサイクリングに
この時期坂東市と常総市にまたがる菅生沼に飛来しているハクチョウを観ようと・・・
それにしても西風が強く、とにかく寒い!
江戸川堤防に上がると・・・

真っ白な富士山が!!!

川面は冴え冴えとして・・・


河川工事が進んでいます

工事中のため、堤防の上は通行止め
堤防下のコースへ

常磐自動車道の架橋を潜って、再び堤防の上へ

左手に富士山を見ながら・・・

江戸川を離れて野田市街
そして利根川

芽吹大橋

かなりの長さ

車道は朝のラッシュで大渋滞ですが、こちらは・・・

橋の中ほどから上流を


橋を渡って一般道を直進すると、ほどなく・・・
 
菅生沼の一角に建つ「茨城県自然博物館」の看板

パンフレット等事前情報を得るために、取り敢えずこちらへ

大変広く立派な施設です
ただし園内は、「自転車の乗り入れ不可」

ホールに行ってみると、まだドアが…
9時30分開館で、少し時間が早かったようです
それでも私の姿を見て、受付の女性が出てきてくれました
「ハクチョウを見に来た」旨を告げると、パンフレットを持ってきてくれ、道順などを丁寧に・・・
説明によると、何カ所かの沼で見ることができるが、「上沼」に多く飛来しているとのこと
早速教えていただいた道を・・・

飯沼川に架かる馬洗橋に・・・
 
上沼を一周する遊歩道の案内です
ただし、未舗装
自転車ではちょっと無理

そこで、先ほど頂いた地図をチェックすると、通り過ぎてしまった江川沿いにも遊歩道が・・・
引き返して道路の状況をチェックしてみることに
これが遊歩道入口のハクチョウのモニュメント

こちらは桜並木になっていて、道路(写真左下)も一応舗装されています

こちらから、沼を目指すことに

ここは、沼の上を歩けるようになっています

左手には広い沼?

この時期は水が少ないために、草原のようになっていますが・・・

そして、反町堤へ
 江川

中に小さな沼が


よく見えるところから見てみると・・・

どうやらハクチョウのようです
それにしても、想像していたよりも、全然少なく
かつ、遠すぎてハクチョウの姿も正確には確認できません

丁度そこに、車で来られた方がいて
「ハクチョウを見に来たのですが、数は少ないしチョッと拍子抜けです」と言うと、
「上の方の沼に沢山いると思いますよ」とのこと
せっかく来たので、道路は未舗装ですが、先ほどの飯沼川沿いの散歩道を逆方向から自転車を押して・・・

そして、川沿いにある天神山公園という小高い丘を越えていくと・・・!!!



先ほどの沼とは比較にならない大きさの沼に、沢山のハクチョウやカモが・・・

沼に突き出す形で桟橋様のものが作られていて、近くで見ることができます

桟橋の上には、何人かの素人カメラマンが立派なカメラでハクチョウを
その中のお一人によると、現在200羽ほどのハクチョウが菅生沼に来ているとのこと

それにしても、沼のへりは凍って・・・


そして・・・時々、ハクチョウが優雅に飛ぶのですが、残念ながら私のカメラでは・・・


頭の上をたくさんのハクチョウが・・・
カメラを用意している間に、沼に降りる寸前

残念ながら、優雅な姿を写真に収めることはできませんでした

そして着水?

水面を滑って、ダンスでも踊っているかのように

もっともっと見ていたかったのですが・・・


帰りは、野田市街を避けて、芽吹大橋を渡って利根川右岸を柏方面へ
そして、利根運河で江戸川へ




12時30分過ぎ自宅へ
走行距離75kmほど
久し振りのサイクリングを楽しみました

半日ほどサイクリングを楽しむには適当な距離ですので
大変お世話になった自然博物館には、またお邪魔したいと思います
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年も、長〜い「そばいなり... | トップ | 残雪の中で »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL