山登りの記録

2013年からの山登りの記録です

摺古木山から安平路山へ

2017-07-17 17:32:53 | 日記
7月16日(日)以前から行きたいと思っていた中央アルプスの南の端にある摺古木山 安平路山へ行って来ました。

中津川から国道19号線 国道256号線を走って 舗装はされていますが狭くて曲がりくねった大平街道(県道8号線)を走って大平宿へ

ここから東沢林道へ入って行きますが 道路工事中で 日曜祭日以外は通行止めの標識がありました。(2017年7月31日まで8:30~17:00と記載)

途中にゲートがあり その横に登山届の箱がありました。

林道は結構荒れていて 普通車では底を擦ると思いました(山で出会った方のアルファードは底を擦ったし 深い所には石を置いて通過したそうです)

摺古木自然園休息舎の少し手前にはトイレがありました。

7:30摺古木自然園休息舎(標高1770m)を出発

摺古木自然園休息舎から登山道になりますが 標高2000m程まで一気に登り その後は摺古木展望台との分岐まで延々と標高の同じ辺りを進みました。

気温は10℃程で快適でした。

でも標高が変わらないので 位置の特定が難しいですし、笹が沢山生えていて笹をかき分けながらの登山です。

分岐からは右側の摺古木山に近いルートを登りました。一度2141mのピークを越えてしばらく進むと摺古木山(2196m)です。

ここには立派な一等三角点がありました。

ここからは一度下って 何度か登り下りを繰り返し 一か所は急な所を下りました。 

その後は比較的平坦になって登って行くとしらびそ山(2265m)平たんな所なので標識が無いと山頂とは思えません。

この辺りで この山で初めて人に出会いました。(切株に座って休息中だったかな)

百名山は既に登り 前日に越百山に登って300名山中の200座目の登頂をされたそうです。 しばらくお話をさせて頂きました。

しらびそ山からだらだらと約200m下り 安平路避難小屋 立派な小屋で泊まれるようですが トイレが見当たりませんでした。
前方に見えるのが今から登る安平路山です。

避難小屋から少し下って 少しづつ登って行き2200m辺りから沢沿いに一気に登って行行きました。

笹をかき分けながら歩いていると 笹の中に山頂の標識が見えました。 
展望も無くこちらは三等三角点。

写真撮影をしてから 下山して避難小屋で昼食を取りました。
避難小屋の土間
奥の板の間 

避難小屋まで着くとガスが出て来て 安平路山は見えなくなっていました。

その後摺古木山まで戻ると雨が降って来ました。 

それ程降らないと思ってザックカバーと雨具の上だけ装着しましたが、その通り直ぐに雨は上がりました。

でも登山道を覆っている笹が濡れていてズボンがビショビショになりました。

スパッツは付けていたのですが 雨具のズボンも履くべきでした。

この山は兎に角 笹が多く茂っていて 前方を見ても登山道が判らず 笹をかき分けて足元の道を確認しながら歩かないと駄目ですし

安易に歩いていると 石や木の枝に足を取られますので 登る方は注意して歩いて下さい。

出会った方は2度転倒したと言われていました。

15:10摺古木自然園休息舎に戻って来ました。

東海周辺週末の山登り120に摺古木山が掲載されておりますし 安平路山は200名山になっていますが 笹を刈って歩き易くして頂かないと

また来たいと言う山では無いですね(^_-)-☆
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三ノ沢岳 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。