「拝啓、グリーンキーパー様 !」

いつもありがとうございます!営業の長尾です。
季節や状況に応じたおすすめ肥料や処方箋を綴ります。

「モズの高鳴き七十五日」 秋のターフクオリテイのために

2016-10-01 09:48:05 | 季節別「おすすめ肥料」

 

「キィー キィー キチキチキチ」

秋本番、9月下旬~10月上旬には、モズの甲高い鳴き声が聞こえてきます。

モズの繁殖期、縄張り争いの時期にみられる鋭く挑戦的な鳴き声です。

「モズの高啼き七十五日」といい、

モズの高鳴きを初めて聞いてから75日目に霜が降りだすとして、

農作業の目安にしている地域もあります。

(他にも「モズが来るとその年はもう台風が来ない」なんかもあるようです。)

 実際は初鳴きから60~70日で初霜が来ています。

イメージ 1←平年の「高鳴き」と「初霜」

 北に行くほど、もずの初鳴きから初霜までの期間が短くなります。

 今年はと言うと

イメージ 2

 本年は 少し、例年より「初鳴き」が遅め

今年の初霜がどうなるのか注目したいと思います。

 
 
グリーン面でいえば、
 
初霜以降は晩秋施肥主体になりますので、
 
これからの60~70日間で 秋のクオリテイを造っていきたいところです。
 
今年は 秋雨前線の影響が長引く 秋のスタートになっています。
 
そのような状況でおすすめの資材です。
 
 A)新根茎成長のための土壌三相バランス
 
 
断続的な降雨や日照不足により 予定していたコアリングを延期し、
 9月はムクによるエアレーションに留めたコースも多いかと思われます。
 
 新根茎成長のための土壌三相バランスを確保、持続する上で効果的な
古茎根を分解する良性菌の
「デ・サッチャー」
または
「ブランXエックス」
 +
”グルタミン酸”が光合成に代わりタンパク質合成し、日照不足による活性低下を補い、
”核酸”が新根の発根成長を促進する
「ターフバイタル・プロ」
 
 
がおすすめです。
 
曇天や降雨に強い
「カル・マグ・マックス(7-0-3)」
で地上部の成長を抑制しておくと
根主体の成長には 一層効果的と思われます。
 
B)根の成長のための施肥
 
根の成長にも、インターシードにも、貼り芝かっ着にも
最も好評価なのが
「ミスト9号(8-32-5)」です。
 
近頃は
タンクミックスしても、
鉄系資材やカルシウムと結合反応を起こさない
緩衝活性系リン肥である
「ミスト5号(2-30-0)」
鉄、カルシウムが表層に多く存在する時期のリン肥として
好評価です。
 
C)芽数とコンパクション、ステインプ
 
 
10月中旬以降は晴天も期待できます。
サッチングや薄目砂と相乗効果の高い資材は
 
吸着の良いケイ酸+カリウムの資材
「グリーン・スピードSi(0-2-5)」
 
 
 
気候に左右されず、無駄なくPKを吸収できる
”亜リン酸+緩効性リン酸”の
「ミスト12号(3-18-18)」
 
 
 
は 
よこ根によるコンパクションを向上させ、
分げつを促進し、芽数をアップさせ
ボールの転がりを向上させる上で効果的です。
 
 
以上です。
よろしくお願いします!
(^。^)
 
 
 
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 予想外に続く日照不足 | トップ | 長かった日照不足。秋のクオ... »
最近の画像もっと見る

季節別「おすすめ肥料」」カテゴリの最新記事