「拝啓、グリーンキーパー様 !」

いつもありがとうございます!営業の長尾です。
季節や状況に応じたおすすめ肥料や処方箋を綴ります。

徒長知らずのNPK「ブランZ」

2017-04-23 13:53:00 | 季節別「おすすめ肥料」

これから先の

温度と湿度の変化を

「72候」から予測していきたいと思います。

4月25日頃「霜止出苗(しもやみてなえいずる)」

<霜の心配なく稲の苗が生長する>

ここからは気温もしっかり上昇してきます。

5月15日頃「竹笋生(たけのこしょうず)」

<タケノコの生長が本格的となる>

ランナー系植物の生長が本格的となる時期。

コーライ芝も旺盛に生長する時期です。

5月21日頃「蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)」

<蚕が桑を盛んに食べる時期>

この頃から湿度が出てきます。

6月11日頃「腐草為蛍(ふそうほたるとなる)」

<腐った草の下から蛍が生ずる>

この頃から夏期高温多湿時期のはじまりです。

ベントグリーンでは殺菌剤を頻繁に使用する時期が

この先、9月上旬まで続きます。

グリーンに藻苔などもみられる時期です。

これからの気温、湿度の上昇時期に

芝草は徒長しがちです。

ボールスピードを 良好に持続する上で

葉身を硬くする ケイ酸やカルシウム資材、

”ターフのこし”をしっかりさせる

カリウム資材・マグネシウム資材なども

もちろん効果的ですが、

基本は

「食わせて、さばいて、薄目砂」により 分げつさせ

芽数を増やし、芝密度を上げ、

細く、アップライトな葉先で

転がりを良くする事だと思います。

そこで、食わせるには

なるべく雨や気温の上昇で、吹け上がる事のない

徒長のリスクの少ないNPKを選択したいところです!

オススメのNPKが

「ブランZ(10-6-5)」です。

・完全微生物分解の超緩効性メチレン尿素を70%

・リン酸6.8%のうち、よこ根のコンパクションをつくる亜リン酸を4.5%

・ターフのこしをしっかりさせるカリウムを5%

・芽数をアップさせるエッセンシャルプラスを20%

・そして微量要素の鉄、銅、亜鉛、マンガンをバランス良く含んでいます。

これからの温度上昇期~高温多湿時期に施肥しても

徒長する事なく、発色し、芽数をアップさせるNPKです。

この先、

多く開催される競技会前後のNPKとしても

最適なミストです!

よろしくお願いします!

(^。^)

 

 

ジャンル:
植物
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「春土用」に負けずに活性向上! | トップ | 今年は遅かったタケノコ。コ... »
最近の画像もっと見る

季節別「おすすめ肥料」」カテゴリの最新記事