気ままに撮り歩き

季節の花や風景など撮り歩きしています

乗鞍岳 畳平 1(朴の木平〜畳平)

2017年07月11日 | 撮影旅行

7月の初めに錫杖さんから、「6日は空いてますか?何処かへ出掛けましょうか?」と連絡をもらいました。

この時点で行き先はまだ決まっていませんでしたが、二つ返事で「OK何時でも行けます」。なんせ年金暮らしの暇人ですから(笑)

天気予報を見て、色々な方面を考えてくれたようです。そして決まったのが乗鞍岳でした。

私達の歳の事を考えて、畳平と乗鞍高原の散策と撮影旅行です。

昨年11月には立山室堂平、今年に入ってからは、2月の伊勢湾離島の撮影旅行。

3月には3泊4日の九州旅行と甲賀市土山の瀧樹神社のユキワリイチゲ撮影。

4月には弾丸フェリーでの九州大隅半島旅行と、奈良吉野の千本桜撮影他、

同じく4月に奈良佛隆寺他の桜の撮影に一緒に出かけています。

いつもの事ながら行き先も車の運転も、何もかも錫杖さん夫妻におまかせの旅です。

錫杖さんの休みが6日のみという事で、錫杖さんの自宅に早朝5時に集合。

takayan宅からは高速を使って約1時間ほど、3時に起床、4時前に自宅を出ました。

錫杖さん宅の駐車場に車を入れて、機材と荷物を積み替えて5時過ぎには出発。

途中どこをどう走ったのか?分からないまま、いつの間にか車は東海北陸自動車道を走ってました(笑)

何時もながら気楽なご身分で、本当にありがたいことです。

8時過ぎには乗鞍岳畳平行きのバスのりば、朴の木平に到着しました。

これからしばらく、乗鞍岳畳平と乗鞍高原への旅行記を、綴って行きます。

先ず初回の今日は、朴の木平バス乗り場から畳平までのバスの車窓風景です。


朴の木平のバス乗り場に到着したのは8時10分位でした。

次のバスは8時55分発、しばらくここでゆっくり。

リュックの横にはお菓子一杯入った袋がぶら下がってます(笑)

私たちは二人共、乗鞍岳は初めてです。

今回は、錫杖さんの第二の故郷とも言える乗鞍へ、案内していただきました。


空は真っ青素晴らしい天気です。

しかし錫杖さんは、バスの中から乗鞍岳に掛かる雲を見て、お昼前には雲が出ると予想していたのでした。

この日ブログ友のはりさんも乗鞍岳登山に来られていて、初発のバスに乗られたそうです。

20分ほど早ければ同じバスに乗れたのでした。前列右から4台目がはりさんの車だったのかな?


車窓からバシャバシャ撮っているだけで、山の名前などは全くわかりませんのでご容赦下さい。

槍ヶ岳が一瞬見えたのですが、takayanには撮れませんでした。

何処からどの山が見えると言うことを熟知している錫杖さんは、小さく見える槍ヶ岳の写真をアップされてましたね。流石です。

(高圧電線が横切ってましたが、編集ソフトで消しています)


案外バスのスピードが早くて、近くの風景はながれてしまいますね





窓に映り込みがあり社内からの撮影は難しいですね。(言い訳です)

 


途中車内が急に騒がしくなりました。

「子熊だ〜可愛い」「写真撮れた」等々

バスの前を熊が横切って左側へ・・・錫杖さんは子熊の後を追う親熊も見たとのこと。

takayanだけは見ることが出来なかった・・・残念。



10

ヘヤーピンカーブをいくつも越えて、徐々にバスは畳平の近付きます。

初めてのtakayanには何もかもが新鮮で、もう遠足気分です。


11



12

残雪と空のブルー、遠くの雲。素晴らしい景色です。


13

緑の中の残雪の白が一際鮮やかに浮かび上がります。

左側奥にコロナ観測所が見えます。もう直ぐ畳平に到着です。


14


15

荒々しい岩肌も絵になります。


16

9時38分 乗鞍畳平

バスを降りた途端そこは標高2700m、「涼しい〜」気分爽快です。


17

先ず魔王岳へ向います。

 

撮影日 7月6日

撮影地 朴の木平〜乗鞍畳平

機 材 Nikon D4S

    Nikon D810

    AFS NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

    AF-S VR Micro NIKKOR 105mm F2.8G IF ED

ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水生植物公園みずの森 4(... | トップ | 乗鞍岳 畳平 2(畳平から標... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
乗鞍Blue ()
2017-07-11 06:03:29
お早うございます。
全編綺麗な青空が広がっていますね。
羨ましいです。
バスの車窓から撮ったとは思えないですね。
3番、飛騨の名峰 笠ヶ岳でしょうか。
今度、ここへ登る計画を立てています。
熊は残念でしたが、なるべくなら会わない方が良いかと。
さすがに乗鞍、熊がバス通りに出るんですね。
ちょっと怖い気もしますが。

さてここから魔王岳
takayan師匠がどのように切り取られるのか、楽しみです。
マクロも準備されてますよね。
錫杖さんも今朝、載せておられましたが花が楽しみです。

信さんへ (takayan)
2017-07-11 06:24:58
信さん、おはようございます。
きれいな青空、初めての畳平は最高の天気でした。
やはり車窓からの撮影は難しいですね。
3番は笠ヶ岳ですか?
昨年の新穂高ロープウエイの正面に見えていた山ですね。
信さんも乗鞍岳登山を計画されているのですか?
お天気になることを祈っています。

以前に畳平で、熊の犠牲になられたことがありましたが、
本当にここでは、熊には注意が必要なんですね。
バスの運転手さんなら何回も見ているだろうと思いました。

錫杖さんはもうだいぶ先まで行ってますが、takayanはゆっくり後を追って、風景や花など綴って行きます。
コメントありがとうございます。
Unknown (そらママ)
2017-07-11 06:31:56
おはようございます、
車窓から撮られたのですか、流石です。
熊が見られたなんてラッキーいやいややはり
恐いですね。
山は全く分かりませんが素晴らし山、空、残雪の景色今夜ゆっくり見せて頂きます、
今から仕事に行って来ます。
Unknown (はりさん)
2017-07-11 07:52:58
おはようございます。
いよいよtakayanさんの乗鞍紀行が始まりましたね。
バスの車窓からの景色って撮ってしまいますね。
私が山で怖いのは、雷と熊です。
どちらも会いたくないものですが
バスの中からならOKですね。
錫杖さんが先行されていますが
また一味ちがった作品が見られるのでしょうね。
次回も楽しみです。
そらママさんへ (takayan)
2017-07-11 08:28:22
そらママさん、おはようございます。
バスの中からの撮影は難しいです。
何枚も失敗があります(笑)
みんなが熊が見られたと騒いでましたが、
takayanは風景を撮るのに一生懸命、
結局私だけが見られませんでした。
この辺りは熊の生息地、怖いですね。

私も山はさっぱり分かりませんが、乗鞍の風景や花など、
ゆっくりと綴って行きますので、また覗いて下さいね。
コメントありがとうございます。
はりさんへ (takayan)
2017-07-11 08:37:54
はりさん、おはようございます。
錫杖さんに先行してもらうと、山の名前や花の名前も分かります。
この日の車の中で、少し後から始めますと行っていたので、計画通りです(笑)
なかなか撮り辛いのですが、車窓からの風景を撮るのも楽しいです。

昨年の新穂高でも、駐車場のそばで熊が出没し、
ビジターセンターの方が、車に戻ってくださいと言いながら走って来られました。
あの時も怖かったです。

山岳写真家の錫杖さんには、到底及びませんが、
枚数だけはたくさん撮ってきました。
takayanなりの味が出せれば良いのですが?
ゆっくり綴っていきますので、また覗いて下さいね。
コメントありがとうございます。
Unknown (錫杖)
2017-07-11 08:43:25
おはようございます。
そして待ってました。乗鞍紀行第一弾

車窓の偏向ガラスから色の再現をするのは難しいですね 何度もあの手この手とやってみましたが自然な色に再現するのは出来ませんでした。 もっとNEFデータの編集テクニックを磨かないといけないと気持ちを改めています。
 そういう意味でも富士JPEG撮って出しのはりさんのカメラは青空が素晴らしいかったですね 
 熊の親子はばっちり見たのにカメラが追いつかずでした。
2700Mから魔王岳に向ってtakayanさんの山岳ワールドがどう展開されていくのか楽しみです。
 
 


錫杖さんへ (takayan)
2017-07-11 08:59:20
錫杖さん、おはようございます。
窓からの撮影、それも走っているバスの中からは難しいですね。

さすがは富士の色再現、はりさんの写真の色には屈服ですね。
NikonのJPEG撮って出しでは到底及びませんね。
車内ではクマ出没で一騒動でしたが、残念ながらtakayanは見逃しました。
魔王岳からの風景もたくさん撮りました。
錫杖さんに借りた、2本のレンズの写真も含め、綴っていこうと思います。
素晴らしい景色を堪能できて、いい旅でした。
明日から本格的に畳平の散策風景をアップします。
遠くに見える山の名前など分からないtakayanですが、コメントで解説などよろしくお願いします。

今日もカンカン照り、熱くなりそうですね。
Unknown (ヨッピー)
2017-07-11 09:26:27
すがすがしい画像。
みているだけで、今の暑さをしばし忘れさせてくれます。
いいですね、まだ残雪もあって。
PCの前は涼しさ倍増です(笑)
青空が広がってとても気持ちよさそう。
エネルギーをもらえます。
今日も暑いけど、一日頑張れます!
涼感溢れる自然が! (ちひろ)
2017-07-11 13:24:04
takayanさま、お疲れ様です。
この蒸し暑い時期に、涼感に満ちた素晴らしい眺めの展開、有り難く拝見させていただきます
標高2702mなんて空気が薄くて耐えがたい私には,takayanさまの素晴らしい作品で別世界が見られるなんて・・・ご縁に感謝です
ヨッピーさんへ (takayan)
2017-07-11 15:56:29
ヨッピーさん、こんにちは。
蒸し暑い梅雨のこの季節、2700mの畳平は天国です。
青空が広がり、ハイマツの緑と残雪の白のコントラストがとてもきれいでした。
次回は少し高い所からの、パノラマ風景を届けます。
ちひろさんへ (takayan)
2017-07-11 16:03:24
ちひろさん、こんにちは。
毎日暑いですね。
初めての乗鞍畳平でしたが、涼しくて気分爽快でした。
気温は15度くらいだったと思います。
次回からは畳平と、少し登った魔王岳からの風景をアップします。
また覗いて下さいね。

今日は亀山市の「穴虫の郷」の蓮を撮りに出掛けてました。
熱中症寸前の暑さでした。
コメントありがとうございます。
こんにちは(^^)/ (hiroko)
2017-07-11 17:47:09
いいお友達を持って羨ましい限りです。
青空の元山の景色が素晴らしいですね、
山間のドライブ道快適でしょうね(^^♪
何と言っても湿気の無い涼しい風が
気持ち良さそう。
hirokoさんへ (takayan)
2017-07-11 17:54:24
hirokoさん、こんにちは。
カメラが引き合わせてくれた友との旅、もう何回目となったでしょう。
本当に何時も良くしてくれます。
息子と変わらない歳の錫杖さんと、こうして旅に出られる事を、
本当に嬉しく思っています。
蒸し暑いこの季節、標高2700mの畳平は涼しくて、気分爽快でした。
次回は、もう少し高い所からの景色を、届けます。
初めての乗鞍畳平、錫杖さん夫妻に感謝です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。