気ままに撮り歩き

季節の花や風景など撮り歩きしています

佛隆寺の千年桜(奈良県宇陀市) 1

2017年05月03日 | 

2017年の桜シリーズを続けています。今回は4月20日の佛隆寺の千年桜。樹齢900年を超えるという古木の1本桜です。

この日は8時に錫杖さん夫妻と現地での待ち合わせ。自宅を6時頃に出発、信楽を経由し、名阪国道の壬生野ICから針ICをへて佛隆寺へ。

途中針テラスで買い物をして、佛隆寺には7時45分頃に到着しました。

駐車場は満車で、仕方なく少し手前の道路脇に3台くらい停められる所があり、何とか駐車できました。

最初に駐車場に到着した際に、錫杖さんの車が見当たりませんでした。

昨夜からライトアップの撮影に来ていて、ここで待ち合わせ。何処に居るのかな〜・・・?と思い電話をします。

電波が悪いのか繋がらない・・・。ふと、駐車場の方を見てみるとこちらに向かって手を振る一人の男性が。

この時、駐車場に1台のスペースが出来て、錫杖さんが知らせてくれていたようです。

車はそのまま下の道路脇に駐車したまま、錫杖さん夫妻と合流。

私達と待ち合わせをしていることを内緒にしていたそうで、奥様は私たちを見てに驚かれてました。

この日はここ佛隆寺、諸木野の桜、屛風岩公苑、瀧蔵神社の権現桜をめぐりました。

この日も4人での楽しい1日でした。何時もありがとうございます。

もう桜のは終わり、新緑の季節を迎えていますが、しばらくは撮り溜めた桜をアップしていきます。

初めて訪ねた佛隆寺の千年桜、4月20日は一番の見頃でした。例年は1週間くらいは早いのでしょうね。

 

空海の高弟・堅恵が室生寺の南門とし て創建した、佛隆寺の参道の石段に威勢よ く枝をはった桜の巨樹で県下最古の桜です。

山桜とエドヒガンの亜種と言われています。奈良県指定天然記念物。(宇陀市の観光サイトより)


先ず縦構図を1枚

この桜の撮影には超広角が便利です。AFS NIKKOR 14-24mm F2.8G EDがあって良かったと思える桜でした。


ここからは時系列でアップしていきます。

錫杖さん夫婦と合流し、しばらく喋って7時50分くらいから撮影開始しました。









10


11

少し斜めを向かれたお地蔵様、珍しいですね。


11

根本を見てみると大きな朽ちた枝が何本か見えます。

1000年近くも風雨に耐えてきた事がわかるようです。


12

前夜から来ている錫杖さんおすすめの撮影ポイント。

一段上の獣避けのフェンスの内側へ移動。人物と比べるとこの桜の大きさが分かります。


13


14

右側に長く延びた大きな枝を入れ込むには超広角レンズが必要です。

AFS NIKKOR 14-24mm F2.8G EDがあって良かったと、この時つくづく感じました。


16

D810とAFS NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

24mm だと縦アングルで使うしかないですね。


同じ24mm域でもAFS NIKKOR 14-24mm F2.8G EDの方が良いように感じます。

3月にピント調整に出しましたが、D810はD4Sに比べてソフトな感じです。


17


次回に続きます。



撮影日 4月20日

撮影地 佛隆寺(奈良県宇陀市榛原赤埴)

機 材 Nikon D4S

    Nikon D810

    AFS NIKKOR 14-24mm F2.8G ED

    AFS NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミホ・ミュージアムの紅枝垂れ桜 | トップ | 佛隆寺の千年桜(奈良県宇陀... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (錫杖@山頂より)
2017-05-03 16:56:25
こんにちわ😃
只今夕焼けの撮影に山頂を目指してますがどんより空です。
今思い出しました合流することをサプライズにしてたこと

素晴らしい山桜に素晴らしい天気に
なってTakayanさんご夫婦にサプライズにあえて上さんは興奮してました。
わたしは前の晩から隠しとうすのに無理があり笑いが止まらなかったです。

14mm今回も
使用させていただきましたが2mmの差がこんなにもあるかのと感動的でしたよ
それとトキナー16mmと比べて歪曲しないということが実感してます。
錫杖さんへ (takayan)
2017-05-03 17:16:51
錫杖さん、こんにちは。
今日も山頂ですか?
少しどんよりしてきましたね。

この日の撮影も楽しい1日でした。
奥さんは本当に驚いてましたね(笑)

素晴らしい千年桜に出会えて最高でした。
また何度も通う所が増えましたね。
秋の彼岸花の季節にも、是非行ってみたいですね。

超広角では、焦点距離で2mm差は大きいのでしょうね。
画角で言えば114度と107度、7度の差がありますから。

やはり湾曲収差が抑えられているの事も、性能の良さを物語っているのでしょうね。

間違いなくNIKKORレンズの中で、歴史に残る名玉となる事でしょう。
大切に使っていきたいと思います。

連日の仕事疲れも、錫杖ヶ岳山頂でリフレッシュできたのではないですか?
新緑の登山道、さぞ気持ちが良い事と思います。
今晩は(^^)/ (hiroko)
2017-05-03 17:57:11
何とまぁ素晴らしい枝ぶり、
先日錫杖さんの写真を見せて頂いたときから
驚いています。全部を写真に入れるのも
苦労でしょうね、

ここまでくると管理する方達も
大変でしょうね。
桜には寿命が無いんでしょうか。
Unknown (ヨッピー)
2017-05-03 18:14:54
何度見ても、立派な桜ですね。
これだけ見応えのある桜は、そうないですよね。
カメラマンも早朝から多いと思いますが、吉野の桜と一緒で出掛けられずにいます。
でもいつかは出かけてみたいですね。
hirokoさんへ (takayan)
2017-05-03 19:22:52
hirokoさん、こんばんは。

初めて行った佛隆寺、以前からこの桜の事は存じてましたが、
今回実際に見て、千年桜のすばらしさを実感してきました。

本当にすぐ近くからの撮影ですので、超広角レンズが必須です。

染井吉野とは違って、山桜系の桜は寿命が長いのですね。
長い年月の間には大きな台風や、雷など厳しい試練を、乗り越えて来たのでだと思います。

どれだけ生き続けてくれるのか?何時迄も残って欲しい桜ですね。

地元の方々の手厚いお世話のお陰で、毎年この素晴らしい姿を、
見せてくれているのでだと思います。

コメントありがとうございます。
ヨッピーさんへ (takayan)
2017-05-03 19:32:15
ヨッピーさん、こんばんは。

本当に素晴らしい桜ですね。
今回初めて千年桜に会いに行きましたが、その大きさと姿の美しさに魅せられました。

平日なら吉野よりも行きやすく、そんなに大渋滞になることもないと思います。
この日は8時前に到着しましたが、
そんなに大混雑ということもなかったです。
今年は開花が遅かったので、分散したのかもしれませんが?

曽爾高原へ行く途中で、案外行き易いところで、Takayan宅からなら1時間30分くらいでした。

来年は会いに出かけてみて下さいね。
千年桜 ()
2017-05-03 23:33:01
こんばんは。
久しぶりに夜更かしをしています。
齢900年を超えて、この華やかさ。
堂々とした
その風格に頭が下がります。
この桜は頼朝が鎌倉に居を構えた頃から
この日本を見てきている訳ですね。
まだまだ衰えは感じられませんが
手入れも大変なことでしょう。

信州は初日は嵐で迎え
翌日はピーカンの稜線歩きでした。
果たして教わったことが、1割でも実行出来ていれば良いのですが
ぼちぼちアップしていきます。

信さんへ (takayan)
2017-05-03 23:47:20
信さん、こんばんは。
初めて訪ねた佛隆寺、千年桜に魅了されました。
手入れも大変でしょうね。
地元の方々の手厚い保護が有ってこそ、
素晴らしい姿を見ることが出来るのでしょうね。

信州の写真、楽しみに待っています。
コメントありがとうございます。

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。