at randomで行こう!

手当たり次第に読んだ本、食べ物、旅行記など兎に角好き勝手に話します。

今日の健康・髪の毛のお話

2011-06-23 22:01:32 | 健康
梅雨モードですね・・・蒸し暑い・・・たまらん。
 部屋に帰ってくると、30度を越えていたりして大変です。
 外より暑い部屋ってどうよ???

 さて、私の髪の毛ですが・・・これがもうどーしよーもないくらいのアホ毛です(涙)
 正確には『超!クセ毛』。
 酷いもんたったらありゃしない・・・。
 誰に似たのだ、このクセ髪は?
 
 しかも、量も半端でないくらいに多い。
 もわもわです。
 更に、真っ黒!!
 生まれたときから、黒々、もっさり、だったそうなのですが(笑)
 他の赤ちゃんと比べると、酷かったそうだ(涙)

 年を取ったら減るとか聞きますが、減りません。
 まぁ、『髪が多い方が若く見えるよ』と同じ年の知人がそういってくれるので、それもいいかなぁ、とは思うようにはなりました。
 その知人は(女性ですが)、元来髪の毛が細く、薄いんですね。だから、私の量の多さが羨ましいと、言っていました。
 そういや、別の知人(こちらも、女性。やっぱり毛が細くて、薄い人)にも言われたなぁ。

 ともあれ学生時代から、ほぼストレートパーマです。
 今は、縮毛矯正です。
 それぐらいしないと、駄目。
 クセ毛が、うねって出てきます。

 大体、今は半年に1回の割合で、かけています。
 もう半年経つと、根元がもわもわです(涙)
 ただ、時間がかかるので、半日仕事になります。それが一番辛い。
 あーしんど。

 最初に、軽くカット。
 次に、クリームを髪に塗りこんでいく。
 薬品を定着させるさせるために、時間を置く(髪がこれまた、薬品を吸い込んでくれないため、私は人より時間がかかるんです)
 洗い流す。
 トリートメントをする。
 乾かして、アイロンで、髪を真っ直ぐにする。
 再度定着液をかけて、また時間を置く。
 再度シャンプーして、ドライヤーで乾かす。
 長さを調整するために、再度カット。

 これだけすると、3時間4時間、かかるんです・・・。週末行くともっとかかる。
 時間を見つけて、平日に行くようにはしているのですが。
 
 で、行ってきました。
 あーやっぱり、しんどかった・・・(涙)
 腰が疲れるね。特にアイロンの最中は、動けないから。
 肩も凝りました。
 
 ただそれだけの労力と時間をつぎ込んだだけ合って、今のところ、髪はピンピンです。パシ!と真っ直ぐになっています。
 なりすぎている感もありますが・・・まぁこれはそのうち落ち着くので。
 落ち着いた頃が、私にとっては一番いい感じなのです(笑)
 
 問題はこれからなんですよね。
 多少の手入れをしないと、やっぱり駄目なんですよね(涙)
 
 基本、髪を洗うとき、私はシャンプー、リンスは使いません。
 今は、もう無添加無香料の固形石鹸で洗っているんです。
 リンスは、クエン酸だったり、パックスナチュロンのリンスだったりします。
 ミヨシのリンスのときもあるかな。
 もう何年もこんな感じです。
 最初は、なんかギシギシして面倒だったのですが、何より頭皮の夏場の痒みが減りました。
 だから、続けています。
 頭皮が健康になったような気がするんです。 
 大体お湯でよーく潅いで、指の腹で頭皮をマッサージするだけで、それだけで、髪の毛と頭皮の汚れは8割は落ちるはずなんです。
 あれこれと使うから、フケ痒みになるのではないか、と。
 元々フケはなかったけれど、石鹸で洗うようになっても、フケが出てくるようなことはありませんでした。
 私の頭にはあっていたのかな?
 頭皮もよく動くようになったしね。
 指で洗う、というよりマッサージすることが、頭のツボも刺激して疲れを取ってくれているような気もします。

 ですが、矯正かけたあとは、暫く市販のトリートメントを使うようにしています。
 そのほうが定着液も剥がれ難いようです。

 なんだか、自然なんだかそうじゃないんだか、矛盾している感じもあるんですが(苦笑)
 綺麗になるには、多少の矛盾も仕方ないかなぁ、と思ったり(笑)
 維持管理にはお金がかかるんだよ、と思ったり。
 ただトリートメントは、実際頭皮につけるものではないですし、毛先重視なので、頭皮への影響は、あんまり強くはないかなぁ、とも思ってはいます。
 あぁなんだか言い訳ぽいぞ・・・。

 昔は、良いシャンプー、リンス、トリートメントがないかと色々試したり、探したりしたのですが、この無添加石鹸で洗うようになってからは、そういう情報には疎くなりました。
 あの労力は何だったのだ?と思う反面、やっぱり誰もが一度は通る道なんだよね、とも思ったりしています。

 市販のシャンプー使わなかったら、ちゃんと落ちないんじゃない?と心配される方もいらっしゃると思うのですが・・・

 かの直木賞作家・五木寛之氏は、ここ数年ずーっとお湯だけで頭を洗髪なさっているそうです。
 髪へ使う石鹸は、一年に一度か二度、程度らしい。
 それであのふさふさとした髪!!
 
 最初ご本人のエッセイで読んだとき『ほんとかなぁ』とちょっと眉唾ぽく思っていたのですが(苦笑)
 その後、桜沢エリカさんのエッセイ漫画に、登場した編集者さんがとっても美髪だった話が載っていたのですが・・・
 エリカさんは彼女のあまりにも素晴らしい美髪に、何処のシャンプー?と聞いたのですが、編集者さんは何も使ってません、と。 
 そうなんです、その編集者さんは実は五木氏の担当者でもあって、五木氏にならって湯洗いのみで、洗髪なさっていたらしいのです。

 そうなると、やっぱり、本来の髪の美しさは、やっぱり余りあれこれ手を加えないほうがいいのかなぁ、と思ったりするわけなんです。
 でも、何事も限度があるものなので、私は『湯洗い』だけには、行かないような気がします。
 流石に気になるー(笑) 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宗教のお話 | トップ | うなぎチャーハン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む