takatoriasia

福岡市「高取」から東南アジアへ移住
    後10年ぐらいはここに住んでもいいかな・・

明代の城壁

2017年08月13日 | 中国

 今日は、今回の旅で是非訪れたかった「明代城壁」へ。

 早朝、街歩き

「解放路」

 中国の国家主席が主導している「一帯一路」

 解放路の食堂へ入り、小籠包で朝食

 イマイチ

 

 店内

 西安駅

 

 厳重な警戒

 

 駅構内に入ろうとしたが、だめだった。

 

 

 今日2回目の朝食

 

 

 

 メニューの写真を見て、一番辛そうだった麺を注文した。出てきたのがこれ

 舌がびりびりするほど辛い

 

 

 この料理のメニューの写真。見るからにスープが真っ赤

 次に注文したのは水餃子

 これは、薄味で実にうまかった。

 

 今日のハイライト。明代の城壁

 「現在西安にある城壁は、唐の長安城を基礎にして、1370年から1378年にかけてレンガを積み重ねて築かれた。周囲の長さ約14キロ、高さ12m」(地球の歩き方から引用)。

 

 城壁の中で写真撮り

 西門(安定門)

 城壁を登る

 

 

 

 

 

 

 

 城壁の上から西安市内を眺望する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 城壁を降りて街歩き

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ベトナムでも見かける中国将棋

 

 

 

 

 

 

 

 小籠包屋に入る。旨かった。実に旨かった。

 もう一品注文

 

 

 

 

 

 

 この店のメニュー。写真がないので何が出てくるかわからない。あてずっぽう

 店を出て通りを歩く。牛レバーを燻製させたものか?

 西安でハスの実を見るとは・・

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 上海から西安への機中で | トップ | チェックイン・トラブル »