ろびーの欧州見聞録 -おもひで作りのススメ-

おもひで作りのために東奔西走中

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ワイン屋 その9

2007-03-10 23:18:21 | ワイン・お酒

さぁー、今年9回目のワイン屋詣でです。
今日のテーマは『Happy Birthday to かりえむ で '76s』

The wine of the dayは『'76全部』でしょうか、だって本当に全部まいう~ Lovely(^O^)v

Ch. Ducru-Beaucallou 1990
Ch. Meyney 1989
RAIMAT, Mas Castell 1994
San Leonardo 1997
Ch. Roc de Cambes 1990
Ch. Sociando-Mallete 1998
Ch. Tour Haut-Caussan 1990
Ch. Grand-Corbin-Despagne 1983

<1976>
Ch. Gruaud Larose 1976
Ch. Fonbadet 1976
Ch. Bourgneuf 1976
Ch. Clinet 1976
Ch. Belair 1976
Ch. Lafitte Rothschild 1976
Ch. Montrose 1976
Ch. Latour a Pomerol 1976
Ch. Margaux 1976

かりえむ、お誕生日おめでとうは勿論ですが、そのパートナーのぼーさんがご病気とのこと、頑張れー!!

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

それでもサッカーは続く。。。

2007-03-09 18:11:16 | サッカー

バルサが敗退してもサッカーは続いていきます。
今日、1/4ファイナルからファイナルまでの組合せが決まりました。

そこで、またまたろびーの勝手に予想シリーズしちゃいまーす。
グループステージの結果は13勝3敗
ノックアウトラウンド1回戦は以下の4チームしか当てられず4勝4敗
Bayern、Man. United、Chelsea、Valencia
さあ今度はどうなるでしょう。

下の赤字がろびーの希望を含んだ本当に勝手な勝抜け予想でーす。
ろびーの心はもうシーズンオフですが、とりあえずナイスゲームをよろしくお願いしまーす。

Milan - Bayern        どっちでもいいけど、今年セリエAはもういいでしょ
PSV - Liverpool       バルサに勝ったし、トラファルガーさんとの約束だから
Roma - Man. United    現時点での最有力優勝候補。ルーニーが本物に化けるか?
Chelsea - Valencia     チェル死ーが嫌いだし、バレンシアは好チームだから

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

裏ワイン会

2007-03-08 20:41:23 | ワイン・お酒

毎週土曜に行っているワイン屋ですが、実は小百合は木曜日も行っていました。
噂には聞いていましたが、ろびーも一度行ってみたかったので来てみたら、下手したらそこは土曜日よりも良いワイン会でした。。。
小百合曰く、今日はいつもより悪いらしい。。。きゃーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ノックドアウト

2007-03-06 22:31:32 | サッカー
バルサ、アウェーゴールでの敗北。ロニーのあのポストに阻まれたシュートが入っていればとかいいたい事は山ほどあるけど、あれだけリバプールにチャンスを作られて いた以上、何も言う事はありません。トラファルガーさんおめでとう。プレミアはもう無理だろうから、得意のカップ戦で頑張ってくれたまえ。あっ、リバプールのユニくれたら応援してあげてもいいよん。

これで今シーズンのろびーの欧州サッカー紀行も終了です。もうどうせ日本に帰るからもういいもんねー。バルサ残ってたらゴールデンウィークにCL見に戻ってこようかと思ってたのになぁ、残念牧場。でもまだリーガがあるぞ、バモラバルサ
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

ワイン屋 その8

2007-03-03 23:09:35 | ワイン・お酒

さぁー、今年8回目のワイン屋詣でです。
今日のテーマはもう忘れました。。。?人で16本。

本日のワイン一覧でーす。

Ch. de Carldes 1999
Mouchao 1989
Hermitaage
Ch. Palmer 1985
Ch. Palmer 1978
Ch. Lafleur-Gazin 1988
Ch. Beychevelle 1995
Ch. Chasse-Spleen 1995
Ch. Cadet-Piola 1983
Ch. La Dominique 1994
Ch. Montus, Cuvee Prestige 1999
Ch. Malescot StExupery 1989
Barolo CANNUBI 1996
Ch. Corbin Micholle 1961
Barbaresco 1988
Cote-Rotie "La Diaillere" 1989

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

巨人

2007-03-03 16:08:17 | 音楽
念願のゲルギエフを見にまたまたコンセトヘボウへ!! 演目はワーグナーとマーラー。

ワーグナーの方はソプラノの歌つきでしたが、連日の飲み疲れ&やっぱりろびーに歌ものはあわないのか、最初だけゲルギエフ見たさに起きてたけど、ソッコーで完全に熟睡モードで殆ど記憶なし。こんだけ寝たのも久しぶり。。。

だけどポーズをはさんでのマーラーの『交響曲第1番 巨人』はサイコーでした。やっぱりオケストラっていいですねぇ(のだめ風)ゲルギエフの指先から体全体を使った指揮ぶりがなかなか見応えありました。楽譜もろくに読めないろびーがいうのもなんですが、今まで見てきた指揮者より指示が非常に細かい印象を受けました。まあ、今まで見てきたオケにはそこまでの指示がいらないのかもしれないけど。
それにオラニエ公ご推奨のロッテルダム・フィルもなかなかやーるじゃあーりませんかー。こういった言い方をすると失礼かもしれませんが、ベルリン・フィルやウィーン・フィル、コンセルトヘボオケを聴き&見慣れているろびーとしては、楽団員の中になんとなく洗練されていない方々が数名見受けられ、しかも演奏する時に椅子にかばんをかけちゃってる人もいて、最初は「だ、だいじょうぶかよ。あのカバン落ちたらどないすんねん。」といろいろ心配していましたが、演奏が始まるとモーマンターイ。というかさすがゲルギエフが育てただけの事はありましたね。
という事でサッカーネタのようには饒舌に解説できませんが、大満足のコンサトでした。
ビバ!! クラシック

プログラム:   Wagner - Fünf Gedichte für eine Frauenstimme, op. 91
                   'Wesendonck-Lieder'

                   Mahler - Symphonie Nr. 1 in D "Der Titan"
指揮者:        Valery Gergiev
オーケストラ: Rotterdams Philharmonisch Orkest
場所:           Het Concertgebouw - Grote Zaal
日時:           2007年3月3日(土) 14:15~
コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

Beautiful Night!!

2007-03-02 23:01:25 | ワイン・お酒

ワイン屋つながりで知り合ったりんごさんに招かれる。
4人で7本分のワインに溺れる。こんなワインだったらいつでも溺れてみたいものです。
いまワインの名前を読み返しても凄い!! う~ん、Beautiful Night!!

Scharzhofberger Auslese 1989, Egon Müller zu Scharzhof
Bienvenues Bâtard-Montrachet 1989, DOMAINE LEFLAIVE (Magnum)
Charmes Chambertin Grand Cru 1990, Bernard DUGAT
Vosne-Romanée 1er Cru "Cros Parantou" 1990, Domaine Méo-Camuzet
Musigny Grand Cru 1997, Domaine Comte Georges de Vogüe
Ch. PALMER 1983 (SICHEL)

あんど、この肉もまいう~でした。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

Wonderful Night!!

2007-02-26 23:58:54 | ワイン・お酒

今日はワイン屋つながりの古美術商を営むフラニーさんのお誕生日会@その古美術屋。
1967年生まれということで、今年で記念すべき40歳!! 愛する奥さんのためここの旦那さんは1967年のワインをこ~んなに↓揃えてました。ここまでするのはやっぱり『愛』のなせるわざなのでしょうね。ろびーにこのようなことは期待しないようにね、小百合さん。

<White>
Chablis Grand Cru "Les Clos", La Moutonne Long Depaquit
Riesling Spätlese "Deidesheimer Kränzler", Dr. Bürklin-Wolf
Riesling Spätlese "Wachenheimer Rechbächel", Dr. Bürklin-Wolf
Riesling Auslese "Forster Kirchenstück", Dr. Bürklin-Wolf

<Bourgogne>
Corton Cuvée Docteur Peste, Hospices de Beaune
Clos Vougeot, Mommessin

<Rhone>
Chateauneuf-du-Pape, Domaine de Mont-Redon

<Bordeaux>
Ch. Chasse Spleen
Ch. Montrose
Ch. Lafite Rothschild
Ch. Mouton Rothschild
Ch. Latour
Ch. Margaux
Ch. Haut-Brion

<Italy>
Chianti Classico, Olivieri Palazzo al Bosco
Gattinara, TRAVAGLINI
Barolo, Damilano
Barbaresco, CONTRATTO
Barolo, Pico della Mirandola
Barolo, Marchesi di Barolo
Barolo, Pio Cesare
Barolo, Fontanafredda
Spanna, Umberto Fiore
Barolo Borgogno
Barolo Fontanafredda La Rosa
Barbaresco, GAJA

<Dessert Wine>
Clos des Remparts

<Port>
Sandeman

<つまみ>



フラニーさんお誕生日おめでとうございます。
あんど、風邪っぴきでこれなかったぼーさんもお誕生日おめでとうございます。
月曜日からこの調子だとかなりヘビーな1週間になりそうですが、う~ん、Wonderful Night!!

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ワイン屋 その7

2007-02-24 23:56:30 | ワイン・お酒

さぁー、今年7回目のワイン屋詣でです。
今日のテーマは『Pauillac 80's』と『Happy Birthday to ぼーさん』、大人数で25本。

The wine of the dayは『Ch. Mouton Rothschild 1983』でしょうか。 Lovely(^O^)v

本日のワイン一覧でーす。

Champagne GAIDOZ-FORGET
Chablis 1er Cru 1990

Rupert & Rothschild 1998
Ch. Lynch-Bages 1990
Ch. Lynch-Bages 1996
Ch. Lynch-Bages 1970
Ch. d'Armailhac 1990
Ch. Mouton Rothschild 1983
Ch. Larrosee 2003
Ch. Bahans Haut-Brion 1986
La Reserve de Leoville Barton 2003
Ch. Pichon-Logueville-Comtesse de Lalande 1987
Ch. Leoville-Las-Cases 1989
Ch. Leoville-Las-Cases 1981
Ch. Ducru-Beaucailou 1988
Ch. Branaire-Ducru 1970
Ch. Labegorce Zede 1996
Ch. Gazin 1976 (demi)
Ch. Cantemerle 1989
Ch. La Dominique 1983
Ch. La Fleur Becade 1973
Ch. Lafite Rothschild 1973
Vieux Chateau Certain 1973
Ch. Chasse-Spleen 1973

Barolo 1999, Cavallotto

あ、あれれ、結局「Pauillac 80's」は太字の2本だけ。。。お隣のAOCということもあるのでしょうが「Saint-Julien 80's」の方が多いという結果に。。。かくいうろびー家も「Pauillac 80's」がなかったので「Saint-Julien 80's」の2本出し、やっぱり年代まで絞るとつらいよね~。

と・に・か・く、ぼーさんお誕生日おめでとうございます。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ZICO

2007-02-22 18:45:00 | サッカー

昨年のボンでのW杯合宿以来、久々にジーコに会ってきました。
今日はオランダの誇るミラクルAZジーコ率いるトルコの雄フェネルバチェの一戦。

ジーコ!! ジーコ!!!! ジーコ!!!!!!

オブリガード!!!!!!!!

とちょー間近でいくら叫んでも全く、全然、ちらりとも振り向いてくれませんでした。鹿島時代からの縁なのにー。いけず~。

まあそれはさておき試合のほうは、イスタンブールで3-3というAZ有利の展開で迎えた前半は15分過ぎから完全なフェネルバチェのペース。AZはシュートパスサッカーからイメチェンしたのか、ロングパスやドリブルを駆使してはボールを取られる始末。21分、34分とあっという間に失点しいきなり2点のビハインド。前半AZは全くいいところナッシング

ところが後半は一転して好ゲームに。AZは殆ど機能していなかった3トップ左のブカリをはずし2トップにして中盤を厚くしたために、中盤でのボールがきちんとつながるようになる。かたやフェネルバチェは定石どおりカウンター狙いで、お互いチャンスの応酬へ。そしてAZが63分に1点差に詰め寄ると、フェネルバチェの守りに乱れが生じる。フェネルバチェはこのまま逃げ切れればいいのに、このまま守りきればいいのか?1点を取りに行くのか?チーム内の意識がバラバラな感じ。それなりにカウンターからチャンスは作るけど、外し続けた86分にFKからオプダムの同点ゴーーーーーーール それまでは大盛り上がりだったフェネルバチェサポーターもこの瞬間より死んだ魚の目の集団と化す。最後にフェネルバチェが意地を見せて攻めあがるも2-2のままタイムアップ。2試合合計5-5という大接戦もアウェーゴールの差でAZの勝利で幕を閉じました。

やっぱりハーフタイム中に的確な修正をしてきたファン・ハールと、逃げ切ればいいだけだったのに中途半端なゲームをさせてしまったジーコの差なのかな?だって、選手一人一人の質は明らかにフェネルバチェのが良かったしねぇ。なんとなくW杯のオーストラリア戦を思い出してしまったろびーでした。それでもジーコは名選手です

UEFAのマッチレポートはここ

今日で当分ヨーロッパでのサッカー観戦もおあずけかと思っていましたが、AZの次戦はどうやらニューカッスルという事が判明。ダミアン・ダフ、ニッキー・バット、マルティンスとかいるんだよね。オーウェンも怪我してるけどいたはずだな。ということでやっぱり次も見たくなってきたのでK氏よろしく

コメント
この記事をはてなブックマークに追加