奥羽線の人のブログ

基本的にPCからの投稿が多いのです。そのため、スマホからは見にくいかもしれません。どうかご了承願います......

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

架空鉄道 ~秋田電気鉄道~ #06 路線図作ったらどうなるんだろう

2016-12-05 21:50:49 | 架空鉄道

みなさんこんばんは、takasyoです。今回は前回お知らせしたことの中で、2つ進展があったのでお知らせしたいと思います!

その2つというのは新線の建設と、みずきた様の京神急行電鉄様との直通に関してです。京神急行電鉄様との直通に対応した路線図を双方で作成しましたので、さっそく紹介したいと思います。

なお、路線図は非常に横長となっておりますので、画像をタップ(クリック)するなどして、見やすい環境でご覧ください。

  • 京神急行電鉄様版の路線図←タップ(クリック)すると見やすくなると思います。
  • 秋田電気鉄道版の路線図←タップ(クリック)すると見やすくなると思います。

 

【画像がぼやけて見えないという方に】

画像がぼやけて見えないという方は、下のリンクをタップ(クリック)してください。多少は見やすくなっているはずです。なお、当方の環境ではウイルスの侵入や不具合などは確認されず、世界的に使われているサービスという事で、安全・セキュリティ面で問題は無いと思われます。しかし、万が一、画像リンクに進んだ影響でウイルスの侵入や不具合、予期せぬことが発生し、損害等が発生しても当方では一切責任を負いませんのでご了承ください。なお、責任は負いませんが、問題解決のために出来る限りの協力はさせていただくつもりですので、もしも問題などが発生しましたら、こちらまで症状等をご一報いただけるとよいかと思います。まぁ、普通に使えることがほとんどだと思います。一応使用サービス名を載せておきますね。

サービス名:Imgur

京神急行電鉄版の路線図を見たい方はこちら→

また、もっと画質の良い路線図を見たいというお客様はこちらにお進みください→http://akita-railway-company.jimdo.com/%E8%B7%AF%E7%B7%9A%E5%9B%B3/

さて、この路線図を参考にして説明しましょう。

まずは、新線についてです。直通のために作った新線は地下鉄で、名称は「地下鉄中央線」です。この路線は秋田空港から戸島、御所野、秋田駅、県庁市役所前を経て土崎まで向かう路線です。駅間距離は750m~1500m程度で、駅間所要時間は1~3分程度となっております。新線内に関しては、御所野までは朝夕時は約3分間隔、日中は約5分間隔、早朝深夜は約8分間隔での運行となる予定です。また、御所野~秋田空港間は終日10~20分間隔での運行となる予定です。

次は京神急行電鉄様との直通についてです。土崎ー京神間を結ぶ路線は「京神高速線」として、建設しました。両線を直通する列車は、全てこの京神高速線を通ることとなります。直通する列車は、快速と普通の予定です。直通の本数についてですが、以下のとおりとなっております。

  • 平日

朝・夕方...秋田空港止まり/4本(快速3本 普通1本) 秋田止まり/2本(普通2本) 飯島止まり/3本(快速1本 普通2本)

日中...秋田空港止まり/4本(快速3本 普通1本) 秋田止まり/2本(普通2本)

早朝・深夜...秋田止まり/3本(普通3本)

  • 土・日・祝

朝・夕方...秋田空港止まり/4本(快速3本 普通1本) 秋田止まり/2本(普通2本)

日中...秋田空港止まり/4本(快速3本 普通1本) 秋田止まり/2本(普通2本)

早朝・深夜...秋田止まり/3本(普通3本)

なお、飯島駅を境に秋田方面が当社、京神方面が京神急行電鉄様の管轄となっております。

さて、駆け足で書いた記事ですが、いかがでしたでしょうか?恐らく、間違い等があると思われますので、後日訂正が入ると思います。

それではみなさん、おやすみなさい...zzz...

 

【追記】

2016/12/5 22:44に画像の差し替えを行いました。

2016/12/5 23:19に画像の差し替えを再度行いました。

2016/12/6 17:00により解析度の高い画像へのリンクを掲載しました。

2016/12/6 22:31に社名の訂正を行いました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 架空鉄道 ~秋田電気鉄道~ #05... | トップ | 架空鉄道 ~秋田電気鉄道~ #07... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

架空鉄道」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL