社会人コーチ

コーチ&スーパーバイザーが
自分の人生について考え、
人との対話で扱ったことを考え
より多くの人に伝えるブログ

働く目的は幸せな人生を手にするため

2017-05-03 14:17:21 | Weblog
働く意味
いろいろな意見を頂きました。

学友吉田真知子さんのブログ
http://ameblo.jp/social-skill2000/entry-12271148439.html
感謝です。

毎月お客様へ届けているメッセージ
今回結構多くの反応を頂きました。

それをご紹介します。

幸せについての考察を二ヶ月続けました。
最後に慶応大学教授前野隆司さんが書かれた
「幸せのメカニズム」(講談社現代新書)をご紹介します。

幸せは4つの因子で考えることができるとされています。
①「やってみよう」因子(自己実現と成長の因子
・私は有能である
・私は社会の要請に答えている
・私のこれまでの人生は、変化、学習、成長に満ちている
・今の自分は「本当になりたかった自分」である

②「ありがとう」因子(つながりと感謝の因子)
・人の喜ぶ顔が見たい
・私を大事に思っている人達がいる
・私は、人生において感謝することがたくさんある
・私は日々の生活において、他者に親切にし、手助けしたいと思っている

③「なんとかなる」因子(前向きと楽観の因子)
・私は物事が思い通りに行くと思う
・私は学校や仕事での失敗や不安な感情をあまり引きずらない
・私は他者との近しい関係を維持することができる
・自分は人生で多くのことを達成してきた

④「あなたらしく」因子(独立とマイペースの因子)
・私は自分のすることと他者がすることをあまり比較しない
・私に何ができて何ができないかは外部の制約のせいではない
・自分自身についての信念はあまり変化しない
・テレビを見るときはあまり頻繁にチャネルを切り替えない

 前回紹介した
「成長・貢献・承認」に留まらず、
漏れのない考察になっています。

4番目の因子、「主体性」
この大事なものが前回の考察では漏れていました。

以上です
ご参考になれば!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月の最初の一冊、読了しました | トップ | 主体性は関係性で目覚める »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL