パパの子育て七転八倒

平日仕事が遅く代りに週末に集中して育児してます。ワークライフバランスと[父親が考える育児]がキーワードです。

(地域限定)内申の通知と高校めぐり最終フェーズ

2016年11月26日 | 仕事と育児
こんばんは。たかしゅんのパパです。

今週は雪が54年ぶりに振るなど、とても寒い冬将軍がやってきました。
今月はじめ、夏のスーツを着て会社に行っていたのに、今週は冬のスーツに
加えてコートを着る始末。
まさに冬への転換点ですが、中学三年生も転換点を迎えました。

まずは、中学校の内申が返ってきました。
学校最後の期末試験(中学三年)が終わり、もう学校の成績としては
これが最後。この数値をもとに高校の進路指導に入ります。

とまあ、いきなりこの数値をもとにこれから学校巡りをするのではなく、
既に夏休みからめぼしをつけてまわってましたが、高校側もオープンスクール、
いわゆる学校説明会はいよいよ最後になりました。
(地域によっては終わっているか、これからも知れませんが)
もう何校学校巡りをしたかなあ。


たくさんまわれば言い訳じゃないけど、これ、とひらめいたことがあればそれでも
いいんだけどね。
(話したことないけど、ひらめきがあったかなあ、)

内申の受け渡しが終われば学校との進路指導が来週控えています。
主に母親との3者面談ですが、最近は複雑なんですね。

昔、自分が高校受験のときは
・行きたい学校;志望校 1
・滑り止め 1
以上、終わり、でした。

それが今では
志望校 公立1 私立1以上
志望校よりも下のレベルで推薦校(試験なしで決定) 1
滑り止め 何校でも

県内だと、推薦は1校しか受けれないとか、なんとか・・・
県によって条件があるようですね。
そして、「高めの志望校「も、もし受かってしまったら、
(公立の本命が決まるよりも前に)入学金を振り込みが必要など、
大きな出費が伴います。
ああ、これからが本当に大変。
お金も。そして進路を決めることも。

これも本人がやる気があるから任せられますが、
「塾の先生に乗せられているんじゃないの」
と疑うのが当然。
知らない(興味のない?)学校名がふつふつと出てくる、出てくる。

本当にどこに行きたいか、なんて、選択肢がありすぎてわからなくなっているみたいですね。

ああ、今の中学生は本当に大変だあ!


 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日 漢字検定

2016年10月29日 | 成長記録
こんばんは。たかしゅんのパパです。

今日は地元の塾で漢字検定がありました。

中学生と小学生。それぞれの級。

中学生は、内申点が加点されるため、受験生には必死。
なんだか世の中変わりましたね。

自分たちが小学生のときにはこんなことなかった。
今の中学生は大変だ!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(地域限定)公立中学生はここまで忙しいの??

2016年10月24日 | 成長記録

こんばんは。たかしゅんのパパです。
あと1週間で10月も終わり。
そして、高校受験まで、3ヶ月と数週間しかありません。
1年経ってないけど、早い!
この間、初詣に行ったと思ったら、あっという間に10ヶ月が終わろうとしています。

中学3年生になれば、どこの家庭も忙しくなります(中高一貫校は別ですね)。
土曜日に、おそらく中学校生活最後のイベント(文化祭のようなもの)が終わり、
残りは受験のみ。週末はすでに休みなく、昨日も午前中は模擬試験を受けに都内まで
電車で向かい、午後戻ってきてそれからまた塾へ。
この次は、英検(英語検定)が控えています。1次試験は突破したので、今度は2次試験。
それが終わると、漢検(漢字検定)が控えています。
なんで、立て続けに受験するかというと、
それまで受からなかったから。
というのもありますが、検定に合格すると中学校の成績のポイントが加算されるから。

なんで学校外の検定試験が学校の評価につながるのか、まったくわかりません。
全国の学校、みんなそのような評価方法になっているんでしょう。
だったら、学校の漢字の授業と英語の授業は全部やめにして、テキストを
検定対策に絞って、全国一斉に受験させたら、よっぽと成績評価につながると思うんだけど。
そのかわり、検定にかかる費用は学校か国が出してね。
評価を上げる仕組みが、検定料払える人が有利になる仕組みそのものがおかしい。

と、なんだかおかしいことだらけですが、そもそもそのような評価方法が、地域ごとに
「あり」なのかが、もっとも疑問を感じます。

ああ、今夜は考えすぎて練れそうにないかも(うそ、とっても疲れていて、すぐに寝てしまいそうです)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(地域限定)公立小中学校イベント同時開催

2016年10月22日 | 仕事と育児
こんばんは、たかしゅんのパパです。
急に寒くなってきました。残暑を通り越して秋も短縮してそのまま冬に
向かいそうな勢いですね。

秋は学校のイベントがどこでも目白押しではないでしょうか?
大学の学園祭は11月に控えていますが、その前に高校の学園祭は今から。
そして、中学校のイベントは10月からすでに目白押しです。
私立の学校であれば独自のカリキュラムで進んでいることでしょう。
しかし、公立の学校であれば全国か、県単位である程度カリキュラムが決まっています。
県大会とか、県のコンクールが開催されるからです。

ということはともかく、我が家が通っている中学校と小学校。
まさか今年は同日イベント開催になるとは思いもしませんでした!

今日、中学校では合唱コンクールが午前中から行われました。

そして、午前中の終わり、小学校では学校主催のフリーマーケットが行われました。


小学校のイベント前の午前中は授業がありましたが、授業参観はありません(やってくれてもいいですが、
受け入れる先生たちの態勢が整わないでしょう。大変なので、仕方ないですね。

同時開催なので、両方見れません。
仕方ないので、両親で分かれることにしました。

もう少しスケジュールを小学校・中学校間で共有してもらうことはできないのかなあ。
せめて公立くらいは考えてほしいものです。

この10年間で、初めての体験でした。

src="http://image.with2.net/img/banner/c/banner_2/br_c_2300_2.gif" width="200" height="50" border="0" />育児 ブログランキングへ

育児ブログ・ランキング -->
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中学三年生 気が付いたらあと5か月

2016年09月04日 | 成長記録
こんばんは。たかしゅんのパパです。
もう夏休みは終わりましたか?
宿題は全て終わって、学校に無事提出できましたか?

特に、中学三年生のお子さんをお持ちのご両親は、気が気でない夏休みだったんでしょう。
学区域によっては、夏休みの提出がきちんとできていたかいないかで、志望校の選択が
決まってしまったり(進路相談は宿題の内容の結果が出る9月下旬以降)。
うちの学区域も夏休みの宿題の内容(評価)で成績のポイントが前後するので、
ひやひやものです!(^^)!

9月に入りました。
ということは。

受験まであと5か月です!

2月の第一週目に私立高校の受験が始まります。

もう時間がない!

って、中学生たちは心底思っているのかな??
そう思って日々励んでいるのは、自ら難関校を希望している学生かな??
我が家の場合は、まだ時間がないという焦りは全くありません。

初めての、本格的な受験の経験ですからね。ま、大方焦ることなく日々迎えて
いることだと思います(もしかしたらそんな世界は変わっていたりして!(^^)!)

9月が始まりました。
シルバーウイーク。我が家は既にありません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【地域限定】9月にプールなし

2016年08月28日 | その他
こんばんは、たかしゅんのパパです。
先週から私たちの地域では、小学校が始まっています。

9月はまだまだ残暑が厳しい。
と気象予報の発表があった。
プールがあって、体育が楽しそうだね。
と聞いたところ、浮かない顏。

なぜ?

9月はプールの授業がないんだって!

え、2学期の体育って、プールはないの?

新たな発見でした。
というか、こんなカリキュラム、アリ?
src="http://image.with2.net/img/banner/c/banner_2/br_c_2300_2.gif" width="200" height="50" border="0" />育児 ブログランキングへ

育児ブログ・ランキング -->
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【地域限定】今日から学校が始まった

2016年08月24日 | 仕事と育児
こんばんは、たかしゅんのパパです。
地域限定、今日から市立の小学校が始まりました。
東京都の隣りの話です。
夏休みが短いです。9月1日までの休みが無くなった分、冬休みや春休みにも回りません。
つまり、1年を通じて1週間くらい少ないんですね。
可哀そうに。

けど、1人嬉しがっている人がいました。
ママです。

ずーと1日中、子どもの相手を(しかも真夏!)するのも心底疲れた!
という時に、学校に行ってくれたから、ホッと一息ついたとか。

パパの目線だと、お盆の1週間さえ休めば、会社に行ってしまうから、
子どもの相手をする時間も少ないから、かえって寂しいんだけど、
ママの目線は全く逆なんですよね!(^^)!


ちなみに、パパはまだ夏休みを取ってせん。
そろそろ取る予定・・・もありません。

ああ、休みたい!休めない!!

子どもたちと一緒に入れる時間はもう無くなってしまいますが、
身体を大事にして、数年後もいっしょに入れるよう、元気でいなくては
ならないのになあ。
(と、一人画面の前で心に思うのであった)
src="http://image.with2.net/img/banner/c/banner_2/br_c_2300_2.gif" width="200" height="50" border="0" />育児 ブログランキングへ

育児ブログ・ランキング -->
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【地域限定】あと2日で夏休みが終わる

2016年08月21日 | 仕事と育児

こんにちは、たかしゅんのパパです。
リオのオリンピックがまもなく終わりますが、それと同時に
小学校の夏休みも終わろうとしています。
全国のほとんどの小学校は9月1日が始業式でしょうから、あと1週間は
夏休みを満喫できることでしょう。
しかし、わが地域の小学校は、既に夏休みの宿題が終わるように追い込みに
差し掛かっています。
最後の週末は夏休の宿題の完成のための時間でもあるのです。

逆にこれさえクリアできれば、8月最後の週末(今年は8月27日、28日)が
満喫できますが、始まった学校の宿題次第かなあ。

もっとも、長く、とっても楽しかった夏休み
は、他の地域の子どもたちと比べると短いのはちょっとかわいそうですが、
学校が始まって、登校が楽しみであれば、まだ救われているかもしれません。

src="http://image.with2.net/img/banner/c/banner_2/br_c_2300_2.gif" width="200" height="50" border="0" />育児 ブログランキングへ

育児ブログ・ランキング -->
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【公立学校】今どきの夏休みの宿題(地域限定)

2016年08月11日 | 仕事と育児
こんばんは。たかしゅんのパパです。
久々の(公立学校)限定のテーマです。
が、もしかしたら私立学校でも同じようなテーマになっているかもしれませんので、
予めご容赦ください。

さて、地域特有の事情かもしれませんが、とにかく夏休みの学校の宿題がとっても多い。
これは、プリントの枚数が多くて、処理するのに時間がかかる、というだけではありません。
課題のなるテーマも、自分で考えなければならないため、考える時間も掛かるんですよね。

たとえば・・・
去年の公立中学の家庭科の宿題:
豚汁の作り方についてのレポート
野菜の種類や、カットの仕方、切ったもののサイズや重さのまとめから、
完成までの料理の各フェーズをデジカメにとって、それぞれについて詳細を記述。
なってことをやってました。
今年は中学3年生。課題は自由とはいえ、去年の実績を踏まえているので、グレードダウンは
許されません。
しかも、夏休みの宿題の提出したかどうか、したら、それが高評価されるのか、それによって
高校受験の学校選びにも関わってくるから、恐ろしい話です。

さらに・・・
今年の公立小学校の宿題:
家庭科じゃないけど、やっぱり自由課題の1つに、料理について出されていました。

うーん、自由なだけに、なんだかまとめるのが大変そうです。
たかやの宿題の残りは、
・夏休みの思い出についての宿題
・自由課題
完了まで最終コーナーを回っていますが、難関だなあ。

src="http://image.with2.net/img/banner/c/banner_2/br_c_2300_2.gif" width="200" height="50" border="0" />育児 ブログランキングへ

育児ブログ・ランキング -->
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

電車移動の帰省客 2016年夏

2016年08月09日 | その他
こんばんは。たかしゅんのパパです。
いよいよお盆シーズン本格到来です。
なのに、普通に会社に行く、休みの取れないたかしゅんパパ。

お盆に休みが無いのも最近普通になってきました。

昨日は日帰りで大阪出張。
酷暑。残暑?とにかく暑い!

それに加えて、移動中の新幹線。
普段はぽつぽつと空席が目立つ、午前中移動ののぞみ号ですが、
この時ばかりは空席もなく、旅行者と帰省客で満席になっていました。
帰省客。
明らかにわかります。
泣くあかちゃんを抱く夫婦もそうですが、初めて新幹線にのったのか、
車内を走り回る子供たち(兄弟、特に男の子)。
興奮する気持ちはわかるけど、危ないんだよね。

しかしまあ、パパ不在で、ママさん1人で2人や3人の子供を引き連れて、
一人切り盛りする姿を見てて、我が家はまだまだ甘い、いや、楽しているんだなあ。
と感じざるを得ませんでした。

帰省という習慣もだいぶ減ったとはいえ、目の前で展開される帰省客の集団を見ると、
まだまだ日本の風物詩も根強いものだと思わざるを得ませんでした。



↓↓ランキングに参加しています。↓↓ ご協力をお願いします(._.)
src="http://image.with2.net/img/banner/c/banner_2/br_c_2300_2.gif" width="200" height="50" border="0" />育児 ブログランキングへ

育児ブログ・ランキング -->
コメント
この記事をはてなブックマークに追加